独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

奈良の火と灯

H28.8.15(日) その3  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

円成寺を後にして、ホテル日航奈良へ向かった。ホテルに着くや
荷物を置いて、すぐに夕食会場の菊水楼へ。

24名の参加者中8名で一つのテーブルを囲んだ。これがまたどう
いうわけか、みんなアルコール好き。ビールを飲んで最初から盛
り上がった。

8月の奈良の夜は、なら燈火会春日大社中元万燈籠東大寺
万灯供養会奈良大文字送り火など、火と灯による幻想的な輝
きに揺らめく。

ほろ酔い気分の千鳥足で、ライトアップされた奈良公園へと繰り
出した。歩いてすぐに、「中元万灯籠」と書かれた灯篭が迎えて
くれた。

 中元万灯籠

№1 中元万灯籠


№2 中元万灯籠


このまま真っすぐに進むと、春日大社境内の石燈籠が約2000基、
釣燈籠が約1000基、合計3000基におよぶすべての燈籠に火が灯
されているのを見ることができる。

今回のツアーには中元万灯籠は組み込まれていなかったので、途
中で右に折れて飛火野に向かい、高円山の大文字送り火が 8時に
点火されるのを待った。 点火された途端、「オー!」「ワー!」
と大きな歓声が沸き起こった。 シートから立ち上がるまでの間、
何故か鹿の糞の匂いが消えていた!?

 大文字送り火

№3 奈良大文字送り火


8時半に夕食会場に戻り、用意されたバスに乗って東大寺大仏殿へ。
大仏様のお顔は大仏殿の中に入らないと拝むことができないが、こ
の夜だけは大仏殿の「観相窓(かんそうまど)」が開かれて、中門や
参道からも拝むことができる。

大仏殿のまわりには2500基ほどの灯籠が並べられる。灯籠 1基に
四つの明かりが入れられるので、灯明の数は約1万になるそうだ。
灯かりに浮かび上がった大仏様のお顔を拝し、思わず「お~っ!」
と感動の声を発した。

手持ちのカメラではよく写せなかったが、明かりに照らされたお顔
は、かえって鮮明に、私の目に焼き付けられた。

 万燈供養会

№4 万灯供養会


№5 盧舎那仏坐像


№6 大仏殿


奈良公園一帯に展開する、火の激しさと灯のやわらかさが創り出す
幽玄で不思議な世界。訪ねる人のこころ騒がさずにはおかない何か
が、ここにある。

今日はお盆の中日、そして終戦記念日。夜の10時過ぎ、酒と火と灯
で顔と胸を火照らせながら、ホテルに戻った。

関連記事

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/17(土) 17:50:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南大門仁王像 | ホーム | 大日如来坐像>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dajaro.blog40.fc2.com/tb.php/670-1a8fef4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (3)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR