独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

松峯山金剛輪寺

H28.11.21(月) その5  1 2 3 4 5 6 7


西明寺をあとにして金剛輪寺に着いたのは、10時半を過ぎたころだろうか。
紅葉の合間に本堂の姿があらわれた。 荘重な構えが、何とも美しかった。

金剛輪寺本堂付近の紅葉は、血のように真っ赤に色づくので「血染めの紅
葉」と呼ばれている。これは、「生身(なまみ)の本尊」の伝説-行基が観
音像を彫り進んでいたら、やがて木肌から赤い血が流れ出てきたという-
に因むらしい。はたして、いつの頃からそう呼ばれるようになったのだろ
うか。

鮮やかな色の紅葉に感嘆しながら歩いていたら、私も、気が付かないうち
にその彩りに染め上げられていた、そんな思いに囚われた。


 金剛輪寺本堂(附 厨子)(国宝)

1611211042 金剛輪寺  


1611211105 金剛輪寺


1611211049 金剛輪寺


1611211110 金剛輪寺


1611211113 金剛輪寺


1611211122 金剛輪寺


 金剛輪寺明壽院庭園(名勝)

1611211136 金剛輪寺


1611211143 金剛輪寺


1611211144 金剛輪寺DSCN3527


1611211149 金剛輪寺


本堂のご本尊「木造聖観音立像」(滋賀県指定文化財)は、秘仏。「住職
一代一会のご開帳」
とされているが、 2000年、2006年、2014年と開扉
されている。

20年、30年後では無理だが、このペースで特別公開の機会が生まれれば、
白洲正子、岡部伊都子も拝観が叶わなかったご本尊を拝観することができ
るのでは、という妙な期待感を持った。

昼食は、境内に建つ「華楽坊(からくぼう)。一か月前に予約をしていた
のがよかった。空席になるのを待つことなく、スムースに席に案内された。
お腹を満たし、「湖東三山まん中のお寺」を後にして、「百済(彩)寺」
へと向かった。

続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/01(土) 16:28:40|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釋迦山百濟寺

H28.11.21(月) その6  1 2 3 4 5 6 7

百済寺の「百済」は、百済大寺百済寺(枚方市)の場合とは異なり、「くだら」
ではなく「ひゃくさい」と読むということを、旅行前の下調べで初めて知った。

素直に読めば「ひゃくさい」の方が自然であるが、「くだら」と読むように教え
られて以来、「ひゃくさい」とは読まないものだとばかり思い込んでいた。

百済寺は、創建当初から「ひゃくさい寺」と呼ばれていたという。が、創建時
の寺号は「くだら寺」であったとする解説もある。

どちらが正しいか知らないが、いずれにしても百済寺は「近江の最古級寺院」。
宣教師ルイス・フロイスが「地上の天国」と称賛した境内を、ゆっくり歩いた。


 本坊喜見院表門

1611211314 百済寺:本坊表門


 本坊喜見院庭園

1611211317 百済寺:池泉回遊式庭園


1611211322 百済寺


 (右)本坊喜見院書院と(中)不動堂 

1611211327 百済寺:(右)本坊


  「戦国歴史ロマンの大舞台」(説明板)

1611211328 百済寺


 展望所からの眺め

1611211329 百済寺:展望所から


 弥勒坂

1611211333 百済寺


 落葉敷き詰め

1611211334 百済寺


喧騒の場から少し離れたところに、静かなたたずまいの空間が広がっていた。

長い歴史を経てきた百済寺。紅葉の時季を避けて再び訪ね、近江の歴史や景
色や仏像に、こころゆくまで触れたいと思いながら、湖東三山を巡り終えた。

続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/07/31(月) 07:16:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (4)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR