独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

久し振りに

H29.6.3(土)

久し振りにデジブックをつくった。

  DB:五月の花散歩




朝から青空が見える。

そろそろ、散歩の時間。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2017/06/03(土) 05:21:16|
  2. 岡部(隈畔)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍應山西明寺

H28.11.21(月) その4  1 2 3 4 5 6 7

多賀大社を後にして西明寺へ向かった。思ったより近く10分余で着いた。
駐車場には、大型の観光バスや乗用車が、もうすでにたくさん入っている。
事前に計画した通り、上の駐車場に向かうよう、運転手さんにお願いした。

参拝を終えたのだろうか、列をなして下りてこられる方々に、車内で身を
小さくしながら頭を下げ続け、中門前の駐車場に着いた。

参道沿いの見事な紅葉の前には、たくさんの人だかり。大変な混雑で、身
動きもできないような凄まじい光景に、ただただ驚いた。

 庭園(表庭)出入口 

1611210947 庭園出入口


 蓬莱庭入口(左の門)  ここから本坊庭園「蓬莱庭」に入る。

1611210948 蓬莱庭出入り口


 西明寺のフダンザクラ《不断桜》(滋賀県指定天然記念物)  

1611210950 不断桜


 黄葉

1611210951 黄葉


 紅(黄)葉

1611210952 紅(黄)葉


 庭園出入口

1611210954 庭園出入口


 西明寺本坊庭園(名勝)(蓬莱庭)  江戸時代初期の作庭

1611210959 蓬萊庭(国指定名勝)


 黄葉

1611211001 黄葉


 西明寺本堂(国宝)  鎌倉時代前期の建築

1611211006 本堂(国宝)  


 西明寺三重塔(国宝)  鎌倉時代後期の建築

1611211009 三重塔(国宝)


西明寺の山号は、西明寺のある場所が琵琶湖の東の方角に位置することか
ら、四神の青龍に因み、「龍應山」と名付けられたとか。また、水への信
仰からともいわれている。

本堂のご本尊、木造薬師如来立像(重文)は、延暦寺の方に向いて安置さ
れ、根本中堂ご本尊の薬師如来に対し、「湖東の薬師如来」と呼ばれてい
るとのこと。

西明寺は、湖東三山のうちでは最も新しい創建で、一番北に位置し、平安
から室町時代にかけ、祈願道場として、また修行道場として栄え、17堂宇、
300坊を擁する大伽藍であったと伝えられている。

元亀2年(1571)、比叡山を焼き討ちした織田信長は、同時に比叡山の勢
力下にあって反抗を続ける近隣の天台寺院へも焼き討ちを進めた。ここ西
明寺も焼き討ちを受けるが、これに対し、多くの僧侶と農民が協力して寺
を守ったとか。

山門近くの坊舎を激しく燃やし、全山が焼失しているかのように見せかけ
たことから、命を受けた丹羽長秀(長男は白河藩主丹羽長重)と河尻秀隆
らは、これを見て撤退したそうだ。

これにより、本尊、本堂、三重塔、二天門(重文)など多くの寺宝が焼失
の危機を脱し、今に残されたと伝えられている。

旅行前の下調べで、春と秋の年2回のみ公開される「三重塔初層壁画」が、
今月末まで公開(雨天中止)されていることを知った。計画時点から楽し
みにしていた、期待の拝観の一つ。雨は降っていなかった。幸運だった!

続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/06/17(土) 22:42:54|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (4)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR