独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

弘徳山龍潭寺

H28.11.21(月) その2  1 2 3 4 5 6 7

 朝の彦根城  昨夜来の雨がやんでいた。

彦根城


フロントに下りたら、一ヶ月前に予約したタクシーが、すでに待機していた。
おだやかな感じの、一寸年配の運転手さんと挨拶を交わし、タクシーに乗車。
湖東三山(百済寺・西明寺・金剛輪寺)と永源寺を巡る一日がスタートした。

運転手さんが、「時間があるので龍潭寺(りょうたんじ)を回られては如何で
しょうか?」と勧めてくれた。5月に浜松を訪ねたときには龍潭寺を訪ねる
ことが出来なかったので、即「お願いします!」と独断で答えた。

彦根の龍潭寺は、関ヶ原の戦いの戦功により佐和山藩主となった井伊直政の
遺言により、遠州井伊谷にある龍潭寺(井伊家菩提寺)の五世昊天(こうてん)
禅師を開山とし、この佐和山の西麓に分寺されたもの。慶長7年(1602)か
ら建設が始まり、諸堂が完成したのは元和3年(1617)とか。

入口を入ったら、参道を悠々と闊歩しているお猿さんに出会った。なんと、
屋根の上にも数匹。皆で驚いたり、喜んだりして、思わぬ遭遇を楽しんだ。

このお寺さんは、佐和山を借景にして造られた庭園や森川許六筆と伝わる方
丈の襖絵が有名らしい。拝観が始まる時間までには30分近くもあったので、
それらは割愛し、佐和山ハイキングコース入口までの往復にとどめた。


 総門  龍潭寺は「佐和山」の麓にあるが、山号は何故か「弘徳山」。

総門


 参道  敷き紅葉。 龍潭寺垣と呼ばれる竹垣が続く。

参道


 紅葉  見ごろは過ぎていたが 綺麗だった。  

紅葉


 山門  龍潭寺は 佐和山の麓にひっそりと佇んでいる。

山門


 大洞観音堂  観音堂右脇を入ると 佐和山ハイキングコースとなる。 

大洞観音堂


 中門脇の壁  戦に備えてだろうか 瓦が埋め込まれている。

中門脇の壁


 紅葉  朝の冷気に しっとりと色づいていた。

木立ち


 大久保忠隣 幽居之跡  右端の石柱は 「大久保忠隣幽居之跡」の碑

大久保忠隣幽居之跡


 石田三成公像  台座裏に 「彦根石田三成公顕彰会建之」とあった。

石田三成公像


  散り残る紅葉はことにいとおしき秋の名残はこればかりぞと 三成 

ここには、石田三成、井伊直政、大久保忠隣が同居している。何とも不思議
な空間だが、静寂で落ち着いた佇まいに、こころが洗われるお寺さんだった。

  冶部どのも今日瞑すらむ蝉しぐ禮 吉川英治

続きを読む

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2017/04/27(木) 12:25:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (4)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR