独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

千本釈迦堂

H28.8.16(月) その7  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

高台寺を出たバスの中で、初めて千本釈迦堂を訪ねたときのことを
思い出した。開通したばかりの東海道新幹線を利用して京都を訪ね
た折に、「安貞元年(1227)建立の千本釈迦堂本堂は、応仁の乱
どの幾多の戦火を免れている、今も当時のまま残る京洛最古の木造
建造物だ、広隆寺東寺よりも古い」と聞いて、大変驚いたものだ。

 大報恩寺本堂(千本釈迦堂)(国宝) とても優雅で美しい 

大報恩寺 本堂
   -千本釈迦堂大報恩寺 > 大報恩寺(千本釈迦堂)について-


因みに、広隆寺桂宮院本堂は建長3年(1251)頃の建立、東寺の金
堂は慶長8年(1603)の再建とされている(東寺最古の建造物とさ
れる宝蔵は平安後期の作とか)。

大報恩寺

ご本尊の釈迦如来坐像は、快慶の一番弟子とされる行快の作品。
普段は秘仏として公開されないが、次の特定の日は開帳される。

  ・ 正月三が日(1月1日~3日)
  ・ 節分会(おかめ福節分)(2月3日)
  ・ 千本釈迦念仏(遺教経会)(3月22日)
  ・ 六道参り(精霊迎え(8月8日~12日) 精霊送り(16日))
  ・ 成道会と大根焚き(12月7日~8日)


 木造釈迦如来坐像〈行快作/(本堂安置)〉

   木造釈迦如来坐像
   -「千本釈迦堂 大報恩寺の美術と歴史」(2008)-


   木造釈迦如来坐像(行快作)
   -小学館「日本美術全集7 運慶・快慶と中世寺院」-

やや吊り上がった目がそう思わせるのだろうか、これまでにお会い
した釈迦如来像のお顔とは大分違う。突き刺すような目には緊迫感
があり、おもわず緊張して背筋が伸びてしまう。

霊宝殿には、重文の十大弟子像や六観音像、銅造釈迦誕生仏に千手
観音像などが安置されているが、如意輪観音像は文化庁主催のイタ
リア(ローマ)での「日本仏像展」に出展されていてお会いできな
かった。

 木造十大弟子立像 -千本釈迦堂 大報恩寺(「重要文化財編」)

十大弟子像

目犍連(もっけんれん)像の足ほぞ及び優婆離(うばり)像の像内には
「巧匠法眼快慶」の銘があり、承久2年(1220)の作とか。師であ
る快慶が弟子像を、弟子である行快が釈迦像を造った背景は何なの
か、気になるところだ。


 木造六観音菩薩像 -千本釈迦堂 大報恩寺(「重要文化財編」)

六観音像(重文)

准胝(じゅんでい)観音像内には、「造仏師肥後別当定慶」の銘があり、
貞応3年(1224)の作とされている。六道信仰に基づいて作られた
仏像で「六道参り」が行われる。

昨日は終戦記念日。今日は精霊送りの日。送り鐘をついてご先祖の
精霊を供養するという、初めての体験をさせていただいた。そして
今夜は「五山送り火」。お精霊(しょらい)さんの霊が無事にあの世
へ送り届けられますようにと願った。

本堂左横の「ぼけ封じ観音像」の前に集まって、「一番お願いしな
ければならない観音さまだね」と話し合っては盛り上がった。

全体の拝観時間が短く、おかめ塚や不動明王堂、北野経王堂願成就
寺をゆっくり見ることなく、慌ただしくホテルへと向かった。

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/11(金) 07:52:37|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御所と六角堂

H28.8.17(火) その8  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

今日は旅行の最終日。スッキリと目覚めた。
窓の外がかなり明るんできたので、そっとカーテンを開いた。

 【ホテルの窓から】 比叡山が朝日を受けて美しく輝いていた。

№1 ホテルの窓から

朝食までには時間があるので、タクシー利用で御所を経て六角堂へ。
 
 【御所】

  建礼門前大通り  道幅約50m、南に約500m。 清々しい。
  
№2 御所(1)


  建礼門  この門の前から葵祭、時代祭りの行列が出発する。

№3 御所(2)


  築地塀  5条の筋は最高位とか。東西約250m、南北約450m。

№4 御所(3)


 【頂法寺六角堂】  

  山門  山門先の柳は、嵯峨天皇の伝説に因む縁結びの柳とか。

№5 六角堂(1)


  本堂  多くの災害に遭い、現在の本堂は明治10年(1877)に再建。

№6 六角堂(2)


  御幸桜  花笠も六角形。早咲きで、花山院の御幸に因むそうだ。

№7 六角堂(3)


  一言願い地蔵  願いごとを一つだけ叶えてくれるお地蔵さん。

№8 六角堂(4)


  親鸞堂  「夢窓之像」と「草鞋の御影」の前には、私の影?も!

№9 六角堂(5)


  へそ石  石灯籠や水位計の跡とする説が有力らしい。

№10 六角堂(6)


六角堂の創建は聖徳太子によるとか。用明天皇2年(587)に、念持仏と
していた如意輪観音像をご本尊として御堂に安置したと伝えられている。

ご本尊は背丈が一寸八分(約5.5cm)の秘仏で、通常は拝観できないが、
平成21年に、西国巡礼中興の祖とされる花山法皇の一千年遠忌を記念し
て、明治10年の六角堂再建以来136年振りにご開扉された。

今年は「西国三十三所草創1300年」に当たる記念すべき年ということで、
先日、ご開扉された。

 御本尊 御前立「如意輪観世音菩薩」

御本尊 御前立


朝食前の1時間ほどの散歩でしかなかったが、御所と六角堂に、京都の
歴史のエキスのようなものを、ホンの少しばかり垣間見た思いがした。

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/11/29(火) 19:56:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (3)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR