独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

南大門仁王像

H28.8.15(日) その4  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12


ライトアップされている仁王さんを、はじめて観た。

160815 金剛力士像(阿形)160815 金剛力士像(吽形)

国宝、東大寺南大門「木造金剛力士立像」。
鎌倉時代(建仁3年(1203))。寄木造。像高阿形836.3㎝、吽形842.3㎝

暗闇の中に浮かび上がる、鬼気迫る形相に圧倒されて、身がすくんだ。
阿形像の、何と厳しく、そして激しい怒りに満ちた表情なのだろうか。
そして吽形像の、すべてを押しとどめ、仏敵の侵入を一歩たりとも許そ
うとしない、内に秘めた揺るぎない強固な意志の力。

これまでに観た日中の白っぱしい印象 -それでもすごいのだが- とは
まったく異なり、照明の効果によって像容がより鮮明にあらわれた姿を
目の当たりにして、そのすさまじさにあらためて驚いた。

南大門の仁王像といえば即運慶作と連想しがちだが、この一対の仁王像
の造立には、昭和63年(1988)から平成5年(1993)にかけて行われ
た全面解体修理によって、運慶・快慶・定覚・湛慶の4人が関わったこ
とが確認されている。

「東大寺の仏像 -Wikipedia」では、「銘記を素直に解釈し、阿形像は
運慶と快慶が、吽形像は定覚と湛慶がそれぞれ担当したという見方もあ
るが、運慶が仁王像制作全体の総指揮を取ったとする見方が有力である」
と記している。

何れにしても、力強く逞しい姿の阿形・吽形の両像は、運慶を惣大仏師
として造られたもの。 やはり凄い。

  「さすがは運慶だな。眼中に我々なしだ。天下の英雄は
   ただ仁王と我れとあるのみと云う態度だ。天晴れだ」と
   云って賞め出した。
 - 夏目漱石『夢十夜』:第六夜 - 


「日本の彫刻」(鎌倉時代)は、円成寺の大日如来坐像に次いで、藤本
四八
撮影の作品3点を載せている。 

 金剛力士像(阿形) - 藤本四八 撮影 -
    「日本の彫刻 上古-鎌倉」(1960 美術出版社)

   金剛力士像(阿形)-藤本四八


 金剛力士像(吽形) - 藤本四八 撮影 -
    「日本の彫刻 上古-鎌倉」(1960 美術出版社)

   金剛力士像(吽形)-藤本四八


   金剛力士像(吽形・部分)-藤本四八

      【解説久野 健】 【観賞北川 桃雄


ライトアップされた阿形・吽形の両像を前にして、CGで復元された
金剛神立像
の姿が、一瞬、思い浮かんだ。 金剛力士(仁王)は、金剛
(こんごうしょ)を執って仏法を守護する、執金剛神を本身とするとか。

いよいよ、明日は京都。観音寺の十一面観音立像や千本釈迦堂の釈迦如
来坐像に初めてお会いできる。嬉しくてたまらない。


続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/02(日) 18:09:13|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

十一面観音像

H28.8.16(月) その5  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

ホテルを9時に発ち、京・田辺の観音寺に直行した。
バスの中でのガイドさんの説明(木津川、同志社大学田辺キャンパス、
観音寺 etc.)を聞いたり、車窓の外を眺めたりしているうちに、あっ
という間に50分近くが経ってしまった。

京都の今日の最高気温は、35℃の予想。京都でも最も暑いと言われて
いるここ田辺地区の気温は、それを上回るのではないかと説明された。

バスを降りたらさすがに暑かったが、目に入った風景は何とものどか
で心地よく、懐かしい原風景に出会ったような気がした。一瞬暑さを
忘れた。
 
観音寺の十一面観音立像を知ったのは、白洲正子『十一面観音巡礼』
による。以来、何時お会いできるのだろうかと思っていたが、間もな
くだ。はやる気持ちを抑え、本堂へとつづく参道をゆっくりと歩いた。

 観音寺(大御堂)
   - 「南山城の古寺」(飛鳥園発行 文・山崎しげ子) p.6

大御堂観音寺


 スイレン《水連》 - 本堂前の池 -

スイレン


 地祇神社(ちぎじんじゃ) - 本堂左側(北西)に隣接 -

地祇神社


 大御堂観音寺(おおみどうかんのんじ)本堂 - 昭和28年再建とか -

観音寺本堂


 十一面観音菩薩立像
   - 「南山城の古寺」(飛鳥園発行 文・山崎しげ子) p.7~8

十一面観音菩薩立像(1)


十一面観音菩薩立像(2)


豊かな胸をした、しっとりとした感じのお姿で、サラッと立っておら
れる。これまでにお会いした国宝の十一面観音像の美しさとはまた異
なる、美しいお姿だ。次は、菜の花や桜の季節にお目にかかりたいと
思った。
 
かみさんが、「国宝の十一面観音さんは7体あるのね」といった。
二人で指を折りながら、室生寺、渡岸寺、法華寺、聖林寺、そしてこ
こ観音寺と数えたが、あと二つがどうしても思い浮かばない。かみさ
んが説明書を見て「道明寺と六波羅蜜寺よ」と教えてくれた。お会い
したいものだ。

昨日の17,000歩超という強行軍にもかかわらず、身体の痛みもさほ
どなく、ツアー二日目も快適で順調な滑り出しだった。体調が良くな
ると元気が出て、あれもしたい、これもしたいと、ささやかな欲も生
まれてくる。

が、無理をしないで、それなりに、「あせらずに、ゆっくりと歩いて
みることに しよう。」

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/09(日) 16:58:07|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

言の葉もなし

H28.8.16(月) その6  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

観音寺の十一面観音さんにまたお会いしたいものだと思いながら、
次の目的地、東山の高台寺へと向かった。バスを降りて近くのお店
に入っての昼食。生ビールが好きなメンバーが、どうしてかまた同
じく集まった。赤ら顔で山門へとつづく坂道をのぼった。きつい!

 【庫 裡】 拝観入口へ

№1 庫裡


 【遺芳庵】 明治41年(1908)に紹益の旧邸跡から移築したとか

№2 遺芳庵


 【高台寺庭園】(史跡名勝 昭和2年(1927)指定)

  偃月池(えんげつち) 偃月は半月よりやや細い月のこと

№3 偃月池(えんげつち)


  開山堂 左は観月台右は霊屋(おたまや)(何れも重文)

№4 開山堂


  臥龍池(がりょうち) 臥龍廊の下(「境内案内」参照)

№5 臥龍池


  臥龍廊 開山堂と霊屋を結んでいる

№8 臥龍廊


№9 臥龍廊


 【方丈前庭】 「波心庭」とも

№6 方丈前庭


№7 波心庭とも

 【勅使門】 大正元年(1912)に方丈とともに再建

№13 勅使門


 【傘亭(からかさてい)(安閑窟)(重文) 傘と言えば次は雨

№10 傘亭


 【時雨亭】(重文) 高台院は大坂城炎上を2階から遠望した?

№11 時雨亭


 【ヤブミョウガ《藪茗荷》】 竹林の手前、思わずハッとした

№12 ヤブミョウガ


 【石塀小路】 趣きのある細い路地

  厄除けの(ちまき)百鬼夜行のお化け提灯熟成の色の杉玉

№14 粽・提灯・杉玉


  忍び返し 槍の穂先? 下、横、上へと鋭く伸びている

№15 忍び返し


 【大文字鑑賞の夕べ】

  特別ディナー  芸妓さんに囲まれて満面笑みの

№16 大文字鑑賞の夕べ


  京都五山送り火 大雨のため部屋に戻りテレビで鑑賞

№17 京都五山送り火

  雨にかすむ「大」 京都・五山送り火 2016.8.16
     - 京都五山送り火:京都新聞」 -

5年前、陸前高田の松を護摩木として使うという提案があったが、
原発事故による放射能汚染を懸念する声で中止となった。当時の
ことをあれこれと思い浮かべながら、原発問題は、まだ収束して
いない、厳然と続いていると、燃え盛る火をみながら考えた。

そのうちに、矢張り疲れが出たのか、いつの間にか眠りに入った。
送り火の今日、京・・・「なべて世はこともなし」ということか。

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/10/27(木) 22:55:15|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (3)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR