独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

大日如来坐像

H28.8.15(日) その2 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

円成寺の大日如来坐像を知ったのは、「日本の彫刻」(鎌倉時代)に
収められた藤本四八撮影の写真によってだった。大日如来は、静けさ
のなかに揺るぎない意志力を以て座していた。その張りのある、力漲
る相貌に圧倒されてしまったことを、今でもはっきりと覚えている。
それが今回の旅行で、ようやく直に、それも至近距離でお会いするこ
とができた。殆んど閉じているような、玉眼が入った切れ長の細い目。
その慈愛と厳しさをたたえた深い眼差しの表情に、こころを奪われた。


 大日如来坐像 - 藤本四八 撮影 -
    「日本の彫刻 上古-鎌倉」(1960 美術出版社)

   円成寺:大日如来坐像(1)


   円成寺:大日如来坐像(2)


   円成寺:大日如来坐像(3)

    【解説久野 健】 【観賞岡本 謙次郎


 大日如来坐像 - 土門拳 撮影 -
    「古寺巡礼 第三集」(1968 美術出版社)

   大日如来坐像:土門拳 撮影


この像が安元2年(1176)に運慶により造られたことは、大正10年に、
日本美術院長の新納忠之介が修理をした際に発見した、台座裏面の運慶
真筆による墨書によって明らかにされた。

制作年が、鎌倉幕府が開かれる文治元年(1185)の10年前であること
からすれば、本像の時代区分は、「平安時代(末期)」とされるべきだ
ろうが、「日本の彫刻」では「鎌倉時代」に分類し、その冒頭に置いて
いる。久野健はその解説において、「制作年代は、藤原末にあたってい
るが、すでに、あの形式的な藤原末期彫刻とは違い、そこには、全く新
たなものの生まれ出てくるいぶきが感じられる」としている。「鎌倉彫
刻の成立において、画期的な意義をもつ作品として評価される」ことか
ら、鎌倉時代の初めに置かれたのであろう。

本像は大正9年に旧国宝に指定され、新法下では、平成5年(1993)に
なって、ようやく国宝に指定された。木造の大日如来坐像としては、唯
一の国宝である。

重要文化財に指定されている木造の大日如来像は、
 ・ 東寺講堂立体曼陀羅の中心の大日如来坐像(康珍作 室町時代)
 ・ 石山寺多宝塔の本尊である大日如来坐像(快慶作 鎌倉時代)
 ・ 奈良国立博物館収蔵の木造大日如来坐像(平安時代)
などたくさんあるが、そのなかで、運慶作と推定される作品が2体ある。

一つは、栃木県足利市の光得寺蔵の「厨子入木造大日如来坐像」で、
指定文化財等データベース
の解説文には「運慶の作風に似ており・・・
運慶の作とは断言し難いまでも、運慶統率下の慶派仏師による造立と考
えられる」とある。昭和63年(1988)に、重要文化財に指定された。
もう一つは、東京都立川市の真澄寺蔵の「木造大日如来坐像」で、同じ
く解説文には「運慶の作風を濃厚に伝える大日如来像」とされている。
平成21年(2009)に重要文化財に指定された。

  【参照】 特集陳列「二体の大日如来像と運慶様の彫刻」 

円成寺の大日如来が一番好きな仏像だと述べる清泉女子大学の山本勉教
は、来年秋の東京国立博物館の特別展は「運慶展」が予定されている
と、ツイートした。

  興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」 2017年9月26日(火)~

出展作品の詳細はこれから明らかにされるのだろうが、2011年に開催
された金沢文庫80年特別展「運慶-中世密教と鎌倉幕府-」 では、円
成寺、光得寺、真如苑の3体の大日如来像が初めて揃って展示された。

来年秋の運慶展では、そんな夢のような展示はあり得ないだろうなと思
いながらも、実際にそうなったらどんなに素晴らしいことかなどと淡い
期待すら抱いている。これからどんな情報が出てくるのか、今から胸を
ワクワクさせている。

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/11(日) 11:44:50|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奈良の火と灯

H28.8.15(日) その3  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12

円成寺を後にして、ホテル日航奈良へ向かった。ホテルに着くや
荷物を置いて、すぐに夕食会場の菊水楼へ。

24名の参加者中8名で一つのテーブルを囲んだ。これがまたどう
いうわけか、みんなアルコール好き。ビールを飲んで最初から盛
り上がった。

8月の奈良の夜は、なら燈火会春日大社中元万燈籠東大寺
万灯供養会奈良大文字送り火など、火と灯による幻想的な輝
きに揺らめく。

ほろ酔い気分の千鳥足で、ライトアップされた奈良公園へと繰り
出した。歩いてすぐに、「中元万灯籠」と書かれた灯篭が迎えて
くれた。

 中元万灯籠

№1 中元万灯籠


№2 中元万灯籠


このまま真っすぐに進むと、春日大社境内の石燈籠が約2000基、
釣燈籠が約1000基、合計3000基におよぶすべての燈籠に火が灯
されているのを見ることができる。

今回のツアーには中元万灯籠は組み込まれていなかったので、途
中で右に折れて飛火野に向かい、高円山の大文字送り火が 8時に
点火されるのを待った。 点火された途端、「オー!」「ワー!」
と大きな歓声が沸き起こった。 シートから立ち上がるまでの間、
何故か鹿の糞の匂いが消えていた!?

 大文字送り火

№3 奈良大文字送り火


8時半に夕食会場に戻り、用意されたバスに乗って東大寺大仏殿へ。
大仏様のお顔は大仏殿の中に入らないと拝むことができないが、こ
の夜だけは大仏殿の「観相窓(かんそうまど)」が開かれて、中門や
参道からも拝むことができる。

大仏殿のまわりには2500基ほどの灯籠が並べられる。灯籠 1基に
四つの明かりが入れられるので、灯明の数は約1万になるそうだ。
灯かりに浮かび上がった大仏様のお顔を拝し、思わず「お~っ!」
と感動の声を発した。

手持ちのカメラではよく写せなかったが、明かりに照らされたお顔
は、かえって鮮明に、私の目に焼き付けられた。

 万燈供養会

№4 万灯供養会


№5 盧舎那仏坐像


№6 大仏殿


奈良公園一帯に展開する、火の激しさと灯のやわらかさが創り出す
幽玄で不思議な世界。訪ねる人のこころ騒がさずにはおかない何か
が、ここにある。

今日はお盆の中日、そして終戦記念日。夜の10時過ぎ、酒と火と灯
で顔と胸を火照らせながら、ホテルに戻った。

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2016/09/17(土) 17:50:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (542)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (3)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR