独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

色を取り戻し

H26.1.7(火)

【候補選び】

 正月松の内も、今日まで。 早いものだ。
 
 新たな年の夢は、
  ① お酒の量を一寸ばかり増やし、
  ② リハビリウォーク「1万歩達成」を目指し、  
  ③ 自ら車を運転し、2~3泊の県外旅行を実現すること。

 暮れから昨日まで飲み続け、①だけは、早々と正夢になった。 
 もうそろそろ休肝日を設けなければ、かみさんの雷が落ちそう。

 年末は、カレンダーや年賀状の作成に、大変苦労した。
 とりわけ、どの写真を使うかという候補選びが一番の苦労。

 20枚程に絞り込んだ候補画像の中から、さらにカレンダー
 に6枚、年賀状に1枚、さんざん迷った挙句に選び抜いた。

 ↓ 1~5枚目は未使用の一部。6枚目は年賀状に用いたもの。
 どの写真も、使用、未使用を問わず、愛おしいものばかり。
 
 年を越しても、ほろ酔い加減で、飽きもせずに眺めている。

春【水林自然林のカタクリ】春【慈徳寺の種まき桜】
夏【自宅のオニユリ】
秋【圓満寺のイロハモミジ】
冬【自宅のサザンカ】
2014年《年賀状》:ワスレナグサ



《鬼怒鳴門》

 師走、BS-TBSでドナルド・キーンさんの番組が二つ放映された。

 一つは、「日本人キーンドナルド 90歳を生きる」(29日15時~)
 もう一つは、「ドナルド・キーン×瀬戸内寂聴 ニッポン不易流行
                          (29日19時~)
 前者は、キーンさんの日常を長期密着取材で描いたもの、
 後者は、「20年に1度」をキーワードにした寂聴さんとの対談。

 キーンさんと寂聴さん

ドナルド・キーンと瀬戸内寂聴
   -BS-TBS:ドナルド・キーン×瀬戸内寂聴 ニッポン不易流行 -

 二本とも面白く、あっという間に観終わった。

 「90歳を生きる」では、知らなかったキーンさんの一面を知り、
 また対談では、さまざまなことについてのお二人の考えを窺い
 知るなど、飽きることがなかった。

 今、キーンさんの本をあらためて読み、楽しみを倍加している。

 因みに、「鬼怒鳴門(きーん どなるど)」は、キーンさんの雅号。
 三島由紀夫との交友の中で生まれたものだ。



対談では、「式年遷宮」「三島由紀夫」「ノーベル賞」「日記文学」
「源氏物語」「明治天皇」「芭蕉と言葉」など、興味深い話題が
次から次へと繰り広げられた。

多岐にわたる内容の一部を文字起こしした。
思いのほか、手間がかかった。 そのうちの二つほどを・・・

 【2020年東京オリンピック開催】

  (進行)   2020年に東京オリンピックが開かれることが決まり
         ましたが・・・
  (寂聴さん) 私は反対
  (キーンさん)私も反対 
  (寂聴さん) 何で、何でねー、オリンピックをしなくちゃいけな
         いのか、私、反対
  (キーンさん)私は、はっきり、あの、非常に不愉快に思います。
         まだ、東北の問題があります。
  (寂聴さん) 片付いていないじゃないですか、ね、ほんとに。
  (キーンさん)もう終ったというような・・・
  (寂聴さん) そう、けしからんですよ・・・
  (キーンさん)そして莫大なお金を使って・・・。
         どうして東京ですか、どうして仙台ではないか・・・
         東北の人たちは、まだ仮の家に住んでいます・・・
  (寂聴さん) それで、原発の処理が出来てるって言ったでしょ、
         あれは嘘じゃないですか、どんどん水が流れてる
         のに、どうするつもりなんですか、そんな嘘ついて。
         すぐ分かると思うんだけど。

 【特定秘密保護法と憲法改正】

         (音声)ちょうどこの時、国会は、特定秘密保護法を
             巡って騒然としていました。 
         (字幕)「平成25年12月 特定秘密保護法強行採決」
  (寂聴さん) 何かね これで日本は滅びるような気がする、私は。
  (進行)   大変何か世の中があまりよくない・・・
  (寂聴さん) またね 戦争前のようなね 怖ろしいことになりますよ。
         も 喋れない、我々も書けない、そういう時代が来るん
         ですよ あれが通れば。それがどうして分らないのかな
         と思いますね。とても怖い、とても怖い。
  (キーンさん)私は、2,3週間前ですが、ある代議士の会で講演す
         ることになったのですが、その時、全く驚きました。
         ある人が、これから日本は良くなる、どういうことになる
         か、旧仮名遣いに戻る、そして、憲法を改正する、その
         二つです。私は、初めは冗談だと思いましたが・・・。
         その初めは驚き、冗談だと思いました・・・しかし、旧仮
         名遣いと憲法の改正、同じような考え方は、・・・
         要するに戦前に戻る、ということ・・・
         日本人は時々忘れるんですけども、太平洋戦争が終
         わってから戦死した日本人は、一人もいません。
         その間にアメリカ人は何人も死んだんです・・・。
         それを忘れてはいけない。
  (寂聴さん) 私はね、こういう世のなかになったらね、一つキーン
         先生のことをいつも思うんですよね。折角ね、日本人
         にね、なってくださった方で、キーン先生はね、こんな
         日本をね、段々悪くなる、日本をね、ご覧になってね、
         またね、日本人じゃなくなるんじゃないかと、いやだと
         思って逃げ出すんじゃないかなと、そんな気がするん
         ですよ。
         私ね、もういつ死んでもいいからね、座ってやろうかな
         と思ってね。そしたらね、必ず死ぬんですよね。年寄り
         だからね。そうするとね、ヤッパリね、私が死んだらね、
         真似する人が出てくる。年寄りが4、5人死ねばね、
         やっぱり一寸ね、放っておけないんじゃないかと思うん
         ですが、どうでしょう。(笑い)



キーンさんと寂聴さんの熱い口調が、私の胸を強く打ち続けた。
だが、オリンピックに関しては、私は反対でなく、むしろ好きな方だ。

2020年夏季オリンピックの開催地が決定される当日(9月8日)には、
朝4時半から、祈るような思いでテレビの前に釘付けになっていた。

だが、安倍総理のプレゼンテーションのなかで、「フクシマ」について、
「状況は、統御されています(the situation is under control)」と
の言葉が出た瞬間、愕然とした。驚き、怒り、そして悲しみすら覚えた。
あの「収束宣言」のときと同じような、途轍もなく大きなショック・・・。

以来、五輪マークが何故か色褪せて、グレースケールになったまま。
これから、何としてでも、青・黄・黒・緑・赤 の五色を取り戻さなけれ
ばならないと思っている。故郷の大地も、そして国の在り方も、全て。

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/07(火) 16:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ワインレッドを

H26.1.12(日)

 ナンテン《南天》  何を 何に 転じようと

H14.1.12 ナンテン


 ノコンギク《野紺菊》(1)  綿毛・・・風が吹けば 舞い上がる

H14.1.12 ノコンギク(1)


 ノコンギク《野紺菊》(2)  支えていた萼片も 花なのだと

H14.1.12 ノコンギク(2)


 ラベンダー  季節外れながら
 
H14.1.12 ラベンダー


 サザンカ《山茶花》  赤薔薇の 熱い思い

H14.1.12 サザンカ


新年の初撮り、ナンテン。降る雪のなかで、彩りを添えている。

わざわいを、どんな方向に転じようとするのか、それが難点だ。
2014年は、一人ひとりが心して生きなければならない年か・・・。

それにしても、暮れから日本酒ばかり。
夕食のメインの山形牛を焼く美味しそうな匂い・・・鼻をくすぐる。
かみさんが「今夜もお酒?」・・・即、「肉にはワインレッド!」と。

二人で一本空けて、また「明けましておめでとう 今年も宜しく!」

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/12(日) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄色い冬の花

H26.1.16(木)

ロウバイが気になり、花見山に向かった。
素晴らしい青空だったので、先ず、吾妻連峰のビューポイントへ。

 吾妻連峰 - 花見山の近くから

H26.1.16 吾妻連峰

花見山入口のロウバイは、まだ蕾。
凍っている所に気を付けて歩きながら、お目当ての場所に着いた。
蕾が多かったが、開いている花を探しては、カシャッ!

 ロウバイ《蝋梅》 - 花見山

H26.1.16 ロウバイ

ロウバイ《蝋梅》の名の由来については、
花の色が蜜蝋に似ている、花の質感が蝋細工のようだとか言わ
れている。また、「蝋細工のような梅に似た花」とも。

学名は Chimonanthus praecox。
Chimonanthus(チモナンサス)は、ギリシャ語の 「cheimon(冬)+
anthos(花)」が語源で、「冬の花」という意味とのこと。praecox は
「早咲きの」の意で、あわせて「早咲の冬花」という意味らしい。

甘い香りに因み、英名では "Winter sweet"と呼ばれているそうだ。


 サンシュユ《山茱萸》 色鮮やかに生り - 花見山

H26.1.16 サンシュユ


 ジュウガツザクラ《十月桜》 淡い彩りの可憐な花 - 花見山

H26.1.16 ジュウガツザクラ


 氷結 凍てついて - 花見山

H26.1.16 氷結

来週の20日(月)は大寒。
来月4日(火)は立春。この氷結が融けるのも、そう遠くない。

嬉しいことに、冬の花見山も意外と多彩である。
わずかに漂う黄色い冬の花の甘い香りに、春の先触れを感じた。

   DB:冬の花
     

花見山の二代目園主、阿部一郎さんが昨年9月に亡くなられた。
在りし日を偲びつつ、ご冥福を心よりお祈りいたします。 合 掌

 花見山公園

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/18(土) 12:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

フユシラズ

H26.1.23(木)

 スノードロップ  昨日 立ち上がった。明日は開くか?と期待したが、  

H26.1.22 スノードロップ


 今朝の庭は 一面白銀の世界。 鼻先まで埋もれ、開花はお預け。

H26.1.23 スノードロップ


 フユシラズ《冬知らず》(寒咲きカレンデュラ)  雪原の中の彩り?
        
     属名はラテン語のCalendae(一年中・カレンダー)が語源とか。
     真冬でも次々に咲くので「フユシラズ」。同じ仲間のキンセンカ
     《金盞花》 より小さいことから ヒメキンセンカ 《姫金盞花》 とも。

H26.1.23 フユシラズ


 「春の淡雪」ならぬ「冬の淡雪」・・・陽射しを受け 早くも融け始めた。

 サザンカ《山茶花》

H26.1.23 サザンカ


 ユキヤナギ《雪柳》

H26.1.23 ユキヤナギ


大寒とはいえ、穏やかで比較的暖かな日々が続いている。

足腰の痛みは、4年前に比べれば驚くほどに緩和している。

「痛み知らず」になるのはまだまだ先のことなのだろうが、
雪柳の白い花が開く頃には、今よりは和らいでいるだろう。

もうすぐ立春。 春のそよ風が待たれる。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/24(金) 21:14:14|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

聖林寺の十一面観音

H26.1.31(金)

昨年の暮れ、テレビ東京「美の巨人たち」で『聖林寺 国宝「十一面観音
立像」
』が放映された。また、 先輩からは、奈良に旅行し聖林寺を訪ね
てきたというお話しを伺った。

そんなこともあって、大分以前に聖林寺を訪ねたことを思い出しながら、
このところ、久し振りに写真集などを取り出して、またお会いしている。

 十一面観音:入江泰吉 撮影
     - 『日本の彫刻』(天平時代) 1960年 ㈱美術出版社 -
            
撮影:入江泰吉(1)撮影:入江泰吉(2)

   解説・矢代幸雄 ⇒ (1) (2) (3) (4)

 十一面観音:土門拳 撮影
     - 『土門拳 愛蔵版 古寺巡礼』 1998年 ㈱小学館 -

撮影:土門拳


 十一面観音:小川光三 撮影
     - 白洲正子『十一面観音巡礼』 2002年 新潮社 -

撮影:小川光三


 十一面観音:聖林寺ホームページ

掲載:聖林寺HP


聖林寺の、リニューアルされた公式HPや、開設されたfacebook
見ていたら、

『JR東海|うましうるわし奈良|キャンペーン|聖林寺編』の中の、
「厳しさと優しさと・・・」の「十一面 - いくつもの救い」という記事に、
「ダッタン人の踊り」をBGMにした、次の動画が組み込まれていた。

「国宝 十一面観音菩薩」

短時間だったが、凝縮された画面に、こころが休まり、融け込んだ。

今日で1月も終わり。 あっという間に過ぎた、この一か月間だった。
年内はあと十一か月。 みんな、健康で、そしておだやかな表情で
過ごすことができるよう、願った。

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2014/01/31(金) 18:00:00|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (533)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (64)
その他 (119)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR