独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

様々な表情を

H25.6.6(木)

久し振りに隈畔に出た。

↓ 紅枝垂れ桜が咲いていた場所は、隣りの大木も伐採され、更地になっっていた。

伐採後


↓ ヒルガオ《昼顔》。  川寄りの斜面に、朝早くから咲いていた。
  「聖母マリアのワイングラス」と呼ばれているとか(「花々のよもやま話」)。

ヒルガオ


↓ 蕾が可愛い。

ヒルガオの蕾


↓ ヒメウラナミジャノメ《姫裏波蛇目》。 葉に止まり、羽根を休めていた。

ヒメウラナミジャノメ


↓ ツルマンネングサ《蔓万年草》。  石段の一番下に咲いていた。
  摘んでも枯れないことから「万年」草とか。  久保田の「万寿」を思った。

マンネングサ


隈畔は、「消失」から「万年」まで、さまざまな表情を見せてくれる。
この変転の姿を見ようとする思慕が、歩き続ける理由の一つなのかもしれない。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/06(木) 23:06:25|
  2. 岡部(隈畔)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二色が出揃い

H25.6.7(金)

紫色系の花と白色の花が目に付くようになってきた。

  マツムシソウ《松虫草》 - H25.6.2 -

マツムシソウ


  ムラサキツユクサ《紫露草》(白) - H25.6.5 -

ムラサキツユクサ(白)


  ムラサキツユクサ《紫露草》 - H25.6.5 -

ムラサキツユクサ


  ホタルブクロ《蛍袋》 - H25.6.6 -

ホタルブクロ


  ホタルブクロ《蛍袋》(白) - H25.6.7 -

ホタルブクロ(白)

ホタルブクロの白花が咲くのは数日後かなと思ったのが、つい昨日のこと。
今朝庭を見たら白花が赤紫色の前に咲いていた。今夏も二色が出揃った。
去年は見事な競演を楽しませてもらったが、この夏は果たしてどうだろうか。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/07(金) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

転げ落ちそう

H25.6.9(日)

隈畔が見事なまでに綺麗さっぱりと除草されていた。
サイクリングロードから川まで一気に転げ落ちそうだ。 川寄りに辛うじて・・・

H25.6.9 隈畔(1)


・・・イヌムギ《犬麦》?

H25.6.9 隈畔(2)


・・・ん?

H25.6.9 隈畔(3)


・・・ハルジオン《春紫苑》?

H25.6.9 隈畔(4)


・・・テントウムシ《天道虫・紅娘・瓢虫》

H25.6.9 隈畔(5)

テントウムシの名は、お天道様(太陽)に向かって飛んで行くから
「天道虫」と付けられたとか。 「転倒ばかりしている虫」の意ではないそうだ。

今にも転倒しそうな心もとない足取りで隈畔を歩いている・・・ワ・タ・シ。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/10(月) 23:11:24|
  2. 岡部(隈畔)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

遠まわりして

H25.6.12(水)

↓ ハルジオン《春紫菀》が除草された後の隈畔に結構残って咲いている。

ハルジオン?


↓ 遠まわりして対岸の道路グリーンプラザに。化粧直し?が施されていた。 

道路グリーンプラザ


↓ 敷地の一角に置かれた掲示板・・・

「道路は社会の生命線」


↓ あぶくま親水公園前にハクチョウがいた。

ハクチョウ

傷ついて飛べなくなり、北へ帰れなくなってしまったのか、それとも
北へ帰らないコブハクチョウなのか、何れにしてもこの福島の暑い
夏を無事に乗り切って欲しいものだ。

今月に入ってからも、全くといってよいほど雨が降らない。
30℃以上の日が、4日(30.4℃)、5日(30.6℃)、9日(30.5℃)。
とにかく暑い日が続き、農作物も動植物も人間も、みんなげんなり。
何とかならないかと、つい愚痴めく。今夜も雨乞い。お酒で乾杯だ!



録画していた「山田洋次監督が選んだ日本の名作100本【喜劇編】
ディア・ドクター(2009年)」を観た。映画は、全編を通してユーモラスな

ディア・ドクター (1)ディア・ドクター (2)

中にもシリアスに展開していく。 映像も音楽も印象深く、心に残る、
とても良い映画だった(西川美和監督『ディア・ドクター』公式サイト)。

ラストシーンに流れる、モアリズムの「笑う花」が、これまた良かった・・・

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/13(木) 17:18:14|
  2. 岡部(隈畔)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いったいどこへ

H25.6.15(土)

ハクチョウが気になり、あぶくま親水公園に行った・・・

↓ 「この先 あぶないから はいってはいけません」 


№1 あぶないからはいってはいけません

№2 空間放射線量№3 あぶくま親水公園
№4 遊具№5 土壌改良剤・トンパック

↓ 2羽いた。 親子、恋人、それとも夫婦・・・?

№6 ハクチョウ

↓ 入口・出口をふさぎ・・・

№7 河川占用許可標示板№8 あぶくま親水公園連絡通路

↓ 「除染をしています」

№9 除染をしています  

↓ ハクチョウは、一体何処へ飛び立とうと・・・?

№10 美しい川はふるさとの誇り


「我々はどこから来たのか、我々は何か、我々はどこへ行くのか」
         ・・・ ゴーギャンの絵を思い浮かべた ・・・

№11 我々はどこから来たのか、我々は何か、我々はどこへ行くのか
     - ポール・ゴーギャン (1848-1903) 1897-1898年制作 -
         ボストン(アメリカ):ボストン美術館所蔵 139×374.5cm


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/16(日) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝早くから

H25.6.15(土)

雨が降りそうな雲行きだったが、戻るまでは降らないだろうと隈畔に出た。

岸辺にはオニグルミ《鬼胡桃》の高木が多い。 結構実をつけていた。

オニグルミの果実


隈畔には外来種の花が多い。
マツヨイグサ《待宵草》はアメリカ原産で、嘉永年間にもたらされたとか。

マツヨイグサ


セイヨウタンポポ《西洋蒲公英》はヨーロッパ原産。環境省指定要注意外来
生物。  日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。

セイヨウタンポポ


オオキンケイギク《大金鶏菊》を見つけた。北アメリカ原産の宿根草で、
1880年代に鑑賞目的で導入されたとか。ワイルドフラワーにも利用されて
いたが、特定外来生物として、現在は栽培などが禁止されている。

オオキンケイギク


自宅に戻って30分も過ぎたころ、久し振りに待望の雨が降った。
梅雨どきに咲く雨降り花、蛍袋が雨露をまとい、しっとりと咲いていた。

ホタルブクロ(白)


木々や草花は、恵みの雨を全身に受け、ホッと一息ついている。
原産地や規制の有無に係わりなく、思い切り水分を吸収し、安らいでいる。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/17(月) 23:30:00|
  2. 岡部(隈畔)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この時季もまた

H25.6.19(水)

17日(月)、キョウカノコ《京鹿子》が開いた。 昨年より3日遅い。

キョウカノコ


昨日は朝から雨。 仙台台管区気象台は、東北が梅雨入りしたとみられる
と発表。平年より南部は6日、北部は4日遅く、昨年と比べると南部、北部
ともに9日遅い。
予定されていた「除染作業の個別打合せ(三者立会い)」は、 「雨のため
正確な放射線量の測定ができない」とのことで、28日(金)に延期された。

今朝も朝から雨。 ツリバナ《吊花》についた水滴が綺麗だった。

ツリバナ


梅雨入りを待っていたかのように、
ガクアジサイ《額紫陽花》やナツツバキ《夏椿》が開いた。

ガクアジサイ


昨年のナツツバキの開花は6月22日。

ナツツバキ


毎年、梅雨入りの日は異なる。 花が開く日も異なる。
日が異なっても、この時季もまた恵みの雨は降り、花は生き生きと開く。
自然の不思議、いのちの営みの不思議に驚く。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/19(水) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

めぐりあえて

H25.6.28(金)

放って置くとすぐに増えてしまうドクダミ《蕺草》。
その異様な匂いから、「カッパノヘ《河童の屁》」とも呼ばれるとか。
残念ながら、まだカッパを見たことがなく、匂いも嗅いだことがない。
様々な薬効があるので、「イシャゴロシ《医者殺し》」などの別名も。

H25.6.23 ドクダミ


「難を転ずる」に通じ、縁起が良いとされる「南天」。 咳止めに効く。

H25.6.24 ナンテン


25日(火)、ようやく、ヘクソカズラ《屁糞葛》に出会えた!
果実は しもやけに、根茎は腎臓病や下痢などに効き目があるそうだ。

H25.6.25 ヘクソカジラ


クガイソウ《九蓋草》の根茎は、リューマチ、利尿などに効くとか。
一昨日(水)、ツボミがふくらんでいた。

H25.6.26 クガイソウ


「娘十八 番茶も 出花、ヘクソカズラも花盛り」との囃子言葉・・・
前段は小さい頃から知っていたが、後段は数年前に知ったばかり。
「臭い匂いの屁糞蔓だって 花の盛りは綺麗なもの」との意とか。

H25.6.27 ヘクソカズラ


このところ、毎朝、恋人に出会うような想いで屁糞蔓を訪ねている。
匂いや名前のイメージが悪い、なんてことで忌嫌うのは避けたいもの、
可憐で美しい姿をしている花だ。

植物は大昔から人の病を癒している。 からだの病も、こころの病も。
どんないのちも、恵みをもたらし、近しく、愛おしいものばかり・・・。



薬効については 、イー薬草・ドット・コム「薬用植物一覧表」から。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2013/06/29(土) 07:00:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (539)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (122)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR