独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

戻り咲き

H24.11.1(木) - 1/2 -

好天の日が続いている。

春の日の、穏やかな光や風のような心地良さに誘われて、花たちが再び咲いた。

花たちにとっての二度目の開花。この時季を謳歌する戻り花たちの姿をいくつか。

  タツナミソウ《立浪草》(白) - H24.10.30(火) 福島市岡部(自宅) -

タツナミソウ(白)

タツナミソウを見ると、風のかみさんがよく口にする猪苗代湖の白い兎を思い出す。

猪苗代湖の白い兎は、井上靖の小説「湖上の兎」に、次のように登場してくる。

  「その濃い鮮やかな緑色の板の上を、白い波頭は何百何千の白い兎
  のように跳ね飛んでいた。今までに見たどの湖よりも烈(はげ)しく騒ぎ
  動いている感じだった」(minyu-net ふくしまの舞台-湖南町-参照)


  ホトケノザ《仏の座》 - H24.11.1(木) 福島市渡利 -

ホトケノザ

花を囲むように対生している葉の形が、仏の台座のように見えることから

「仏の座」と名付けられたとか。面白い形の草花だ。


  ヤマブキ《山吹》 - H24.11.1(木) 福島市渡利 -

ヤマブキ

先月26日(金)のこと。

医大附属病院からの帰り、三本木橋を過ぎた所で黄色い花を見つけた。

白内障の手術を終えて視力が回復し、車窓からもヤマブキと特定できた。

「ヤマブキの狂い咲き!」と大声を出したら、車を運転している風のかみさんに、

「戻り咲きとか戻り花と言って欲しい・・・」と軽くたしなめられた。

狂い咲き・狂い花・二度咲き・帰り花・・・どれも同じ意味ではないかと呟いたものの、

この記事は、「狂い咲き」ではなく「戻り咲き」のタイトルで纏めてみた。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/11/05(月) 20:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋外脱出

H24.11.1(木) - 2/2 -

久し振りに屋外脱出した。

先ず最初に、あづま総合運動公園。

  ハロウィンのかぼちゃのお面

  ハロウィン かぼちゃのお面

  イチョウ並木の下の人だかりを外してカシャッ。

  イチョウ

四季の里に移動

  吾妻小富士

  吾妻小富士

  落 葉

  落 葉

水林自然林へと

  入口の橋

  水林自然林

  林 内

  水林自然林

自然林の木々の葉が色づくころ、また屋外脱出を試みたいと密かに目論んでいる。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/05(月) 20:35:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツワブキの花

H24.11.7(水)

今日は立冬。

庭のツワブキが、朝の光を受けて輝いている。

  ツワブキ《石蕗》 - H24.11.4(日) 福島市岡部(自宅) -

ツワブキ(1)


ツワブキ(2)


ツワブキ(3)



   - 山尾三省「森羅万象の中へ-その断片の自覚として」 -  
                          (2001/07 山と溪谷社 出版)

 銀河系の断片

   「ツワブキの花」

   立冬の 野の道に 咲きそろった
   ツワブキの 黄の花は
   わたしの 幸福の断片であり
   人生の 意味です
   立冬の 野の道に 咲きそろった
   ツワブキの 黄の花のうちにこそ
   銀河系は宿り
   人生の 意味はあります
   いちめんの ツワブキの花
   いちめんの 銀河系
   わたくしは それであり
   その幸福の 断片です
   ・・・                                              
                         
                      みちくさ新聞(68号)から引用




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/11/07(水) 23:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

風の花

H24.11.9(金)

昨年秋につくったデジブック(未公表)を、一部手直しのうえ公表した。

庭に咲くシュウメイギクの写真と長田弘の詩を組み合わせたもので、

シュウメイギクを素材にした3作目となる。よくもま~飽きないものだ。

午後、風のかみさんは、シュウメイギクの大半を切り取った。

明朝、「残された花にカメラを向けなくちゃ!」と思っている。


風の花 -世界はうつくしいと-

  

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/09(金) 18:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

残り花?

H24.11.10(土)

残されたシュウメイギクが気になり、庭に出た。

元気に咲いていた。蕾もいくらか残っているので、しばらくは楽しめそうだ。

  シュウメイギク《秋明菊》(赤紫) - H24.11.10(土) 福島市岡部(自宅) -

シュウメイギク(赤紫)


ツツジが咲いていた。

  ツツジ《躑躅》 - H24.11.10(土) 福島市岡部(自宅) -

ツツジ


蕾もあった。

ツツジの「戻り咲き」!

  ツツジ《躑躅》(蕾) - H24.11.10(土) 福島市岡部(自宅) -

ツツジ


タツナミソウ(紫)も、白に比べて数は少ないが、戻り咲いている。

  タツナミソウ《立浪草》(紫) - H24.11.10(土) 福島市岡部(自宅) -

タツナミソウ(紫)


庭に咲いている残り花?や戻り花の姿が面白い。

昨日訪ねた文知摺観音での写真のアップは、しばらくお預けか・・・。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/11/10(土) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋深み

H24.11.18(日)

9日、自宅(福島市岡部)から1.5kmほどの「文知摺観音」を訪ねた。

紅葉の進み具合がどうにも気になり愛車を運転して出かけたのだが、

何しろ、ハンドルを握るのが正月以来3度目というありさま。

風のかみさんも心配したが、思ったよりスムーズに運転ができた。

ホッとした。


錦繍の文知摺観音

  観音堂

  文知摺石

  紅 葉

  黄 葉

  秋 空


秋深み -錦繍の文知摺観音-

  

テーマ:紅葉 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/18(日) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ぎっくり腰

H24.11.19(月)

12日(月)・・・

10時前に庭に出て、花を写していた。

  サザンカ《山茶花》(白)

サザンカ(白)


  シュウメイギク《秋明菊》(白)

シュウメイギク(白)


  ノコンギク《野紺菊》

ノコンギク


  シダレモミジ《枝垂れ紅葉》

シダレモミジ


10分近く経った頃だろうか、椅子に座ってシュウメイギクを写そうとしたら、

スーッと腰が抜けたようになり、まったく動くことが出来なくなってしまった。

今もその後遺症が残っている。しばらく写真や愛車の運転はお預けか・・・。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/19(月) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

和らいで

H24.11.24(土)

11月20日(火)・・・
ぎっくり腰の痛みも和らぎ、ようやく足腰が落ち着いてきた。
久し振りに庭に出た。

  シュウメイギク《秋明菊》(白)

シュウメイギク(白)

我が家の庭のシュウメイギクが最初に開いたのは、8月の20日(月)。
酷暑日が続いている真っ最中のことだった。以来、3ヵ月が経った。
長い期間、次から次へと咲き続け、気持ちを和らげてくれている。

  ツワブキ《石蕗》

ツワブキ

山陰の小京都津和野は、「つわぶきの生い茂る野」をその名のルーツに
もつといわれる。遠い昔、山紫水明 のこの地に住みついた人々は、群生
する「つわぶき」の可憐な花に目をとどめ、その清楚で高雅な風情に魅せ
られ、自分たちの住む里を「つわぶきの野」 ・・・  「つわの」と呼ぶように
なったという(津和野町観光協会)。

津和野には、「つわぶき飯(ふき飯)」と呼ばれる郷土料理があるそうだ。
塩漬けのツワブキを水洗いし、千切りにして煮つけ、これを炊き上がって
蒸れる前のご飯に混ぜ入れたもので、ツワブキのほろ苦い香りが何とも
いえぬ野趣を醸し出すとのこと。是非食べてみたいものだ。

  ノコンギク《野紺菊》

ノコンギク

今、庭ではノコンギクが咲き誇っている。
ノコンギクに似ている花に、ヨメナ《嫁菜》、ユウガギク《柚香菊》などがある。
伊藤左千夫の小説『野菊の墓』の「野菊」がどの花を指すのかについては、
カントウヨメナ《関東嫁菜》というのが通説らしいが、ノコンギクとの説もある
そうだ。何れかは別として、「野菊の墓」から民子と政夫の言葉を引用する。

 「 私なんでも野菊の生れ返りよ。野菊の花を見ると身振いの出るほど好も
  しいの。どうしてこんなかと、自分でも思う位」

 「 真に民子は野菊の様な児であった。民子は全くの田舎風ではあったが、
  決して粗野ではなかった。可憐で優しくてそうして品格もあった。厭味とか
  憎気とかいう所は爪の垢ほどもなかった。どう見ても野菊の風だった。」

  サザンカ《山茶花》

サザンカ

我が家の庭のサザンカは、咲いている期間が長い。
例年、花の少ない時季の11月から翌年の3月末頃まで次から次と咲いては、
こころを和らげてくれる。ありがたいことだ。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/11/24(土) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タイヤ交換

H24.11.28(水)

今日は、医大附属病院ペインクリニックの通院日。途中までハンドルを握った。

窓から、白いものを被った吾妻や安達太良の山並みが、綺麗に見えた。
吾妻連峰の初冠雪は今月2日。昨年より30日遅く、平年より10日遅かったそうだ。

福島市内の初雪は昨日。昨年より12日早く、平年より1日遅かったとのこと。

ノコンギクをもう少し撮りためてからブログを更新しようと思っていたが、
これからタイミング良く撮れるかどうか分からない。3日前のをアップした。

  ノコンギク《野紺菊》 - H24.11.25(日) 福島市岡部(自宅) -

ノコンギク(1)


ノコンギク(2)


ノコンギク(3)


ノコンギク(4)


ノコンギク(5)

雪道での通院は大変だ。

風のかみさんが「そろそろ、タイヤの交換をしなくては」と話し出した。

・・・ 助手席で、黙り込んでしまった ワ・タ・シ ・・・。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/28(水) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついつい

H24.11.30(金)

国の天然記念物「中釜戸のシダレモミジ」が福島民友おでかけニュース

紹介された。

一方、民報は、蛇の鼻遊楽園のサザンカが見頃を迎えたと報じた。

地元紙の記事に触発されたのだろうか、アップする予定がなかった写真で、

ついついブログを更新・・・

  シダレモミジ《枝垂れ紅葉》 - H24.11.25(日) 福島市岡部(自宅) -

シダレモミジ


  サザンカ《山茶花》 - H24.11.25(日) 福島市岡部(自宅) -

サザンカ(1)


サザンカ(2)


サザンカ(3)

台所に置いた苔玉のモミジが緑色をしている。

万歩計の数値は4,000歩。今日は一日快調だった。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/11/30(金) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (534)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (64)
その他 (120)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR