独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

H24.4.1(日)

   - 東山魁夷 1950(昭和25)年 東京国立近代美術館蔵 -

     道                     
                     彩色・絹本 134.4×102.2 

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/01(日) 22:30:00|
  2. 絵 画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春がつぶやき

H24.4.2(月)

春がつぶやき始めた・・・

  フキノトウ《蕗の薹》(1) - H24.4.1(日) 岡部(自宅) -

120401116 フキノトウ(1)


  ヒマラヤユキノシタ《ヒマラヤ雪の下》(1) - H24.4.1(日) 岡部(自宅) -

120401163 ヒマラヤユキノシタ(1)


  ヒマラヤユキノシタ《ヒマラヤ雪の下》(2) - H24.4.1(日) 岡部(自宅) -

120401155 ヒマラヤユキノシタ(2)


  ナズナ《薺》 - H24.4.1(日) 岡部(自宅) -

120401174 ナズナ


ナズナは 春の七草のひとつ。
「芹、なづな、御行、はくべら、仏座、すずな、すずしろ、これぞ七種」
・・・フキノトウが入っていないな~!

  フキノトウ《蕗の薹》(2) - H24.4.2(月) 岡部(自宅) -

120402181 フキノトウ(2)

風のかみさんがフキノトウを摘んで、てんぷらに揚げてくれた。
昨日施行された「新食品基準値」のことなどはとんと忘れ、ホワーっとした感触の
春の香り、ほろ苦さに、「美味しいね、おいしいね!」と顔をほころばせた。



光星学院が関東一を、6-1で下した!
明日4時からの決勝戦は 大阪桐蔭が相手だ。ガンバレ、光星!




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/02(月) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

春が動き

H24.4.3(火)

春が動き出している・・・

土の中からショウジョウバカマの蕾が顔を出し

  ショウジョウバカマ《猩々袴》 - H24.4.3(火) 岡部(自宅) -

120403196 ショウジョウバカマ


スミレも立ち上がり

  スミレ《菫》 - H24.4.3(火) 岡部(自宅) -

120403203 スミレ


昨日 孫が折った鶴も 今にも飛び立ちそうだ。

  折り鶴 - H24.4.3(火) 岡部(自宅) -

120403212 折り鶴



今日予定されていた選抜の決勝戦は、悪天候のため明日に順延された。
開始時間は午後0時30分から。  ガンバレ、光星学院!





テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/03(火) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

青 響

H24.4.4(水)

  青 響 - 東山魁夷 1960(昭和35)年
                彩色・紙本 133.0×212.0 東京国立近代美術館蔵 -


青 響


続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/04(水) 22:30:00|
  2. 絵 画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新芽が面白い

H24.4.5(木)

春台風一過、素晴らしい青空の朝を迎えた。

風のかみさんから、カリンの新芽が膨らんできている、との情報。
庭に出て、新芽の姿を楽しんだ。微笑みがこぼれ落ちるような形をしていて、面白い。

  カリン《花梨》の新芽 - H24.4.5(木) 岡部(自宅) -

カリンの新芽


アジサイサンショウの新芽を写していたら、私の写真の先生が、
「うちの庭にサンシュユが咲いている。撮りに来ては・・・」と声をかけてくれた。
お言葉に甘え、先生の新築なったお宅の庭に咲いているサンシュユを写した。

  サンシュユ《山茱萸》 - H24.4.5(木) 岡部(先生宅) -

サンシュユ


自宅に戻る前に、お隣りのオウバイを一寸拝借して写した。

  オウバイ《黄梅》(別名:キンバイ《金梅》など)- H24.4.5(木) 岡部(お隣り) -

オウバイ


朝から、ご近所さんの庭に咲く花たちで嬉しい思いをした。 感謝!

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/05(木) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

シンディ・ローパー

H4.4.6(金)

今朝の「あさイチ」の特選エンタは、「世界の歌姫・シンディ・ローパー~日本への思い~」。

放送内容が、次のように紹介されていた。

 今週の「特選!エンタ」は、シンディ・ローパーさんに、グッチ裕三さんが直撃インタビュー。
 去年3月、大規模な震災と原発事故のために多くの海外アーティストが来日公演を中止す
 るなか、「こんな時に日本の友人に背を向けて逃げ出すことはできない」と、ステージに立
 つことで日本中を励まそうとしたシンディ。 震災直後のコンサート。 混乱が続く中、なぜ
 中止にしなかったのか? そして震災から1年がたち、再び日本でコンサートを行ったその
 胸中とは? たっぷりとお話しを伺います。



前から気になっていたシンディ・ローパー・・・。
テレビを見て、追っかけをしてみた。以下はそのあらまし。

昨年の来日時の状況について、湯川れい子は「シンディ・ローパー ジャパンツアー 2012」
のなかで、次のように振り返っている。

  当然のことながら、アメリカでそれらの報道を見ている家族や関係者からは、シンディや
 バンド・メンバーに、即刻公演を中止して帰国するように、という電話が殺到。余震と停電
 で、日本サイドも浮き足立っていました。
  日本での初日は、3月15日の名古屋です。ともかく無事に迎えた名古屋公演で、何度も
 客席に降り立ったシンディは、「日本人はいつも頑張ってきた。あなた達なら大丈夫!
 みんなで元気を出して頑張ろう!ガンバッテ!!」と日本語を交えて呼びかけ、客席と一体
 となって大感動のうちに終演。でもその直後に今度は静岡でかなり大きな地震が発生。
 16、17、18日と続く東京公演を目前に、新幹線が動かなかったらどうしよう!と、舞台周
 りの担当者も、楽器を運ぶスタッフも、誰もの顔が蒼ざめていったのでした。



シンディは、先月12日、外国人記者クラブでの会見で、震災直後の日本に留まった理由の
一つを次のように語った(NHK「かぶん」ブログから引用)。

  私は(震災直後の日本に)留まりました。なぜなら私がいることが、いい意味で気晴らし
 になると思ったからです。70分か80分でしかないですけど皆で集まって、一緒に歌うこと
 ができるわけですから。私は音楽には癒しの力があると思っています。 もしかしたら、
 その(震災の)ことを少し忘れられるかも知れない。ほんの少しの時間だけれど。そして
 気分が少し晴れるかも知れない。そしてまた現実に戻るわけですが、以前ほど辛くないか
 もしれない。私はいつも音楽に助けられてきました。 なので単に私はそれを他の人にも
 伝えていきたいだけなのかも知れません。


彼女は帰国せずに、公演と募金活動を行った。

  【東日本大震災】日本がシンディーを愛する理由




大震災から丁度1年になる先月、彼女は、新潟・東京・大阪・名古屋と約束通り日本公演を展開した。

  Cyndi Lauper (シンディ・ローパー) in Japan 3rd March 2012 - NHKニュース -




ライブでは「被災者のことを忘れていない」と思いを込め、日本語の歌詞が入ったペギー・マーチの
曲「忘れないわ」を熱唱、その様子は岩手・宮城・福島の3県の映画館で無料で生中継された。

  シンディ・ローパー熱唱 「忘れないわ」被災地にエール - msn 産経ニュース

      


12日には外国人記者クラブでの会見が行われた(全文:NHK「かぶん」ブログ)。

会見の最後、シンディは言った。

「お酒を飲んでね!福島の。とっても美味しいから!」

熱いものが込み上げて来た。

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/06(金) 22:30:00|
  2. 3.11関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

げんきだして

H24.4.6(金)

  サザンカ《山茶花》(1) - H24.4.6(金) 岡部(自宅) -

サザンカ(1)


  サザンカ《山茶花》(2) - H24.4.6(金) 岡部(自宅) -

サザンカ(2)


  サザンカ《山茶花》(3) - H24.4.6(金) 岡部(自宅) -

サザンカ(3)



  「神岡学の きょう、いきる ちから。」から - ダイヤモンド社 書籍オンライン -

          神岡 学



「前世は日本人だったかも知れない」という、パワフルな58歳の歌姫、シンディ・ローパー。

「日本に行き、ずっといる」と、日本国籍を取得した89歳の文学者、ドナルド・キーン博士。

お二人からは、胸が熱くなるほどの元気や勇気をもらった。 感謝!




テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/04/06(金) 22:35:00|
  2. 3.11関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

出会えて

H24.4.9(月)

心待ちにしていた花が咲いた。

  キクザキイチゲ《菊咲一華》 - H24.4.9(月) 福島市岡部(自宅) -

キクザキイチゲ


  ヒメリュウキンカ《姫立金花》 - H24.4.9(月) 福島市岡部(自宅) -

ヒメリュウキンカ


午後、風は強かったが小鳥の森に出かけた。期待したとおり、カタクリの花に出会えた。

  カタクリ《片栗》 - H24.4.9(月) 福島市:小鳥の森 -

カタクリ


ネイチャーセンターに向かう途中、風のかみさんがシュンランを見つけた。
いつものことながら、よく見つけるものだ。驚きだ。

  シュンラン《春蘭》 - H24.4.9(月) 福島市:小鳥の森 -

シュンラン


今日は一日、可愛い花たちに出会えて幸せだった!

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/09(月) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

これから毎日

H24.4.14(土)

身近な花たちが 笑いかけてきた。

  紅 梅 - H24.4.10(火) 福島市岡部(先生宅) -

紅 梅


  ツクシ《土筆》 - 福島市岡部(隈畔) -

ツクシ


  ヒメオドリコソウ《姫踊子草》 - 福島市岡部(隈畔) -

ヒメオドリコソウ


  スミレ《菫》 - H24.4.12(木) 福島市岡部(自宅) -

スミレ


  ヒマラヤユキノシタ《ヒマラヤ雪の下》 - 福島市岡部(自宅) -

ヒマラヤユキノシタ


  ショウジョウバカマ《猩々袴》 - 福島市岡部(自宅) -

ショウジョウバカマ


花見山の桜が咲き始め、1割~4割程度が開花しているとのこと。

これから毎日 こころがさわぐ。



テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/14(土) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黄水仙

H24.4.15(日)

黄色のスイセンが咲いた。昨年よりも4日ほど遅い開花だ。

スイセンの学名 Narcissus(ナルシス)は、ギリシャ語の「麻痺させる、無気力、
昏睡、麻酔」ということを意味する言葉「narce(ナルス)」に由来するとか。
また、ギリシャ神話の美少年 Narkissos(ナルキッソス)が、水面に映る自分の
姿に見とれてそのまま花になってしまったことからとも。自分の美貌に酔いしれ
る人をナルシストと呼ぶのは、このことに由来するそうだ。

漢名は、「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という
中国の故事に由来し、きれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようだ、という
ことから名付けられたと言われている。

  スイセン《水仙》  - H24.4.15(日) 福島市岡部(自宅) -

スイセン(1)


スイセン(2)



「水仙」・・・冬の季語

 「其のにほひ 桃より白し 水仙花」 松尾芭蕉
 「水仙の 花の高さの 日影かな」 河合智月
 「水仙の 香やこぼれても 雪の上」 加賀千代女
 「初雪や 水仙の葉の たはむまで」 松尾芭蕉
 「水仙や 寒き都の ここかしこ」 与謝蕪村
 「水仙や 白き障子の とも映り」 松尾芭蕉
 「つつましいちやぶ台で水仙ほのか」 種田山頭火
 「けさひらいた水仙二りん」 種田山頭火
 「壺に水仙私の春は十分」 種田山頭火
 「陽がさせば水仙ほつかりひらき」 種田山頭火
 「仏壇に 水仙活けし 冬至哉」 正岡子規
 「水仙や 束ねし花の そむきあひ」 中村汀女
 「家ありて そして水仙 畠かな」 小林一茶


「黄水仙」・・・春の季語

 「書き疲れ つつ書きつづけ 黄水仙」」 町春草
 「突風や 算を乱して 黄水仙」 中村汀女
 「黄水仙黄に描く他はなし哀し」 大山忠作
 「俄雪 日を泛べたり 黄水仙」 水原秋桜子
 「ひと匙の 想いや拓く 黄水仙」 斎藤牧子
 「やわらかく 生きてみたいと 黄水仙」 鈴木秀雄

 





テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/17(火) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々新たな

H24.4.19(木)

庭の周りの新芽や花たちが賑やかだ。

  サンショウ《山椒》の新芽 - H24.4.15(日) 福島市岡部(自宅) -

サンショウの新芽

ニシンの山椒漬けが食卓に出るのも、間もなく。ヨダレがこぼれ落ちそう・・・。


  サザンカ《山茶花》 - H24.4.15(日) 福島市岡部(自宅) -

サザンカ

いつまでも頑張って咲いていてくれる。


  ナツツバキ《夏椿》の新芽 - H24.4.17(火) 福島市岡部(自宅) -

ナツツバキの新芽

いぶし銀。好きな色だ。青空に照り映える姿が美しい。


  ピンクの ・・ツバキ《椿》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

ピンクの ・・ツバキ

我が家のツバキの中では最初に花を開かせる。今年は15日に咲いた。
名前は分からない。風のかみさんは、勝手に「モモイロツバキ」と呼んでいる。


  オトメツバキ《乙女椿》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(お隣りさん) -

オトメツバキ

お隣りさんのオトメツバキは、とにかく立派。毎年楽しませてもらっている。


  シャクナゲ《石楠花》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

シャクナゲ

西洋シャクナゲの蕾はまだ固い。これからだ。


  ヤブツバキ《藪椿》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

ヤブツバキ

「モモイロツバキ」に遅れること3日。南側のヤブツバキが咲いた。


  原種チューリップ【タルダ】 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

原種チューリップ【タルダ】

中央アジアのトルキスタン地方が原産で、
1993年に天山山脈で自生地が発見されたとのこと。


  ショウジョウバカマ《猩々袴》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

ショウジョウバカマ

首がしっかりと伸びてきた。


  ラッパスイセン《喇叭水仙》 - H24.4.18(水) 福島市岡部(自宅) -

ラッパスイセン

原産地は、主にスペイン、ポルトガルを中心に地中海沿岸地域とのこと。
我が家の庭の白い水仙は、まだ咲いていない。これからだ。


この時季、花たちの日々新たな姿に出会える。嬉しいこと、この上ない。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/19(木) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

一人静

H24.4.20(金)

朝から 今にも雨が降り出しそうな空模様。
9時を回ったころ「ヒトリシズカが咲いたよ」と教えられたが、お昼近くに庭に出た。
屋外は肌寒い。今日の最高気温は11℃。花冷えの一日だった。

  ヒトリシズカ《一人静》 - H24.4.20(金) 福島市岡部(自宅) -

ヒトリシズカ(1)

その奥床しい佇まいが静御前の姿を思わせることから、一人静と名付けられたとか。
また、吉野静とも呼ばれている。

別名のマユハケグサ《眉掃草》は、花の形が、白粉(おしろい)を塗ったあとに眉を払う
ために用いる小さな刷毛(はけ)、「眉掃き」に似ていることに由来するとのこと。
因みに、ワタスゲ《綿菅》もマユハケグサと呼ばれている。

 ヒトリシズカ《一人静》 - H24.4.20(金) 福島市岡部(自宅) -

ヒトリシズカ(2)

4枚の葉に守られるように包まれ、今にもこぼれ落ちそうながらも凛として咲いている
姿は美しく、心惹かれる。

原始的な部類に属する花で、花弁も萼もない。花の姿をよく調べてみると、白く長い
ものは雄しべの花糸。花糸は3本づつ合着している。花糸の下部に葯があり、黄色い
花粉が出ている。緑色の壷のようなものが雌しべ。先端の白っぽい部分が柱頭だ。

  ヒトリシズカ《一人静》 - H23.4.18 福島市岡部(自宅) -

ヒトリシズカ(3)



ヒトリシズカ(4)


一人静かにひっそりと咲いている、そんな花の姿をイメージしがちだが、とんでもない。
普通は群生し、時には何十人もの静御前が乱舞しているようにすら思えることがある。
いずれにしても魅せられる、不思議な花だ。


 「 しづやしづ賤のをだまき繰り返し昔を今になすよしもがな
  吉野山峯の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき 」


     - 「義経記」巻第六【七 静若宮八幡宮へ参詣の事】(義経デジタル文庫) -

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/21(土) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花見山

H24.4.21(土)

花見山に出かけた。

人出がどうか心配したが、親水公園のシャトルバスは満員。
駐車場に着いたら大型観光バスも結構駐車していて、人出もそこそこ。ホッとした。

  花見山 - H24.4.21(土) 福島市:花見山 -

花見山

花見山

ソメイヨシノ

オオイヌノフグリ

花見山

ハナモモ

花見山

花見山

ボケ

花見山

ヒュウガミズキ

ナノハナ


それにしても、観光地化し過ぎての音曲の賑やかさ・・・何とかならないものだろうか?

一人静かに歩きたいという気はさらさらないが、否応なしに耳に入ってきたり、目に飛び
込んできたりする賑やかさには閉口した。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/23(月) 10:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

怒りそう?

H24.4.25(水)

庭の花たちが次々に咲き出したり、あちこちの桜が見ごろを迎えたりで、
タイミングよく撮影したり、アップしたりしなければと、気が急く今日この頃。

取り敢えず、イカリソウとキバナイカリソウをアップ。

  イカリソウ《錨草》(1) - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№1 イカリソウ

イカリソウ・・・怒りそう!?が咲いた。
いえいえ、正しくはイカリソウ《錨草・碇草》。
花の形が和船で用いられた四本鉤の錨に似ていることから、イカリソウ。
錨の爪に当たる細い部分は距(きょ)と呼ばれ、蜜を蓄えておく役割を持っている。

  イカリソウ《錨草》(2) - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№2 イカリソウ

イカリソウの仲間には、トキワイカリソウ《常盤錨草》、ウラジロイカリソウ《裏白錨草》、
キバナイカリソウ《黄花錨草》のほか、花に距がないバイカイカリソウ《梅花錨草》、
生薬として有名な中国原産のホザキノイカリソウ《穂咲錨草》などがある。

  キバナイカリソウ《黄花錨草》(1) - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№3 キバナイカリソウ

イカリソウは、寝そべって下から撮ることが多い。
周りの花たちに気を付けながら写すのだが、時として気付かずに押しつぶしてしまい、
花たちに申し訳ないことをしてしまうことがある。風のかみさんのお怒りを買う瞬間だ。

  キバナイカリソウ《黄花錨草》(2) - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№4 キバナイカリソウ


怒り心頭に発する出来事ばかりが多い今日この頃、
重々しいイメージの名を持つイカリソウ《錨草》が、気持ちを和らげ、軽くしてくれる。

別名、三つに枝分かれした先に葉を3枚ずつ付けることから「三枝九葉草」とも。

屋外の花たちも呼んでいる。
3本のマストを立て、9枚の帆を張り、それではそろそろ錨をあげて出港か!

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/27(金) 12:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

花の名まへ

H24.4.25(水)

花の名前は面白い。
形や色や味や香りなどだけでなく、伝承や物語を踏まえたネーミングもある。
名前が漢名や和名で表記されれば、それなりに語源や来歴も類推できるが、
これがカタカナ表記になると、なかなかそうはいかない。

  ユキヤナギ《雪柳》 - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№1 ユキヤナギ

枝のしなやかさや葉の形が柳に似て、沢山の花が雪を思わせるからとか。分かりやすい。
別名、小さい白花を米に見立てたコゴメバナ《小米花》、コゴメザクラ《小米桜》など。

  ワスレナグサ《勿忘草》 - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№2 ワスレナグサ

騎士ルドルフが、ドナウ川の岸に咲くこの花を恋人に贈ろうとして誤って川の流れに
飲まれ、「Vergiss mein nicht!(僕を忘れないで!)」という言葉を残して死んだという
中世ドイツの悲恋伝説に因むとか。英名は「Forget me not!」。日本では、1905年
(明治38年)に、植物学者の川上瀧彌によって「勿忘草」と訳されたそうだ。

  ムスカリ《葡萄風信子》 - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№3 ムスカリ

ムスカリ(Muscari)の名は、麝香(じゃこう)を意味するギリシャ語のムスク(moschos)
に由来するとか。和名は、学名(Muscari)がそのまま花の名前にされたとのこと。
英名は Grape hyacinth で、小さな花が集まって咲く様を、逆さについているブドウ
《葡萄》の房に見立てたとか。「風信子」「飛信子」はヒヤシンス(Hyacinth)の和名。

  ハナニラ《花韮》 - H24.4.25(水) 福島市岡部(自宅) -

№4 ハナニラ

花がきれいで香りが韮に似ていることから、「花韮」。触れたら香りが微かに漂った。


金子みすゞの詩に「花のなまへ」というのがある。「花」の語を含んだ詩をいくつか・・・

続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/04/29(日) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (543)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (4)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR