独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

№20 ケイオウザクラ

H24.2.5(日)

三日前、ご近所からケイオウザクラ《啓翁桜》をいただいた。

昨年もいただき、その美しさに魅されて、何度となくシャッターを切った。
そのうちの一枚を、今年のカレンダーの1月用の写真として使った。

いただいたときには蕾がまだ固かったが、一昨日、昨日と瞬く間に開き始めた。
今回も、カメラを向けては楽しい時間を過ごさせてもらっている。隣人に、感謝、感謝!


  ケイオウザクラ《啓翁桜》 - H24.2.3(金) 岡部 -

ケイオウザクラ(1)


  ケイオウザクラ《啓翁桜》 - H24.2.4(土) 岡部 -

ケイオウザクラ(2)


  ケイオウザクラ《啓翁桜》 - H24.2.4(土) 岡部 -

ケイオウザクラ(3)



2日の朝、白河の叔父が亡くなった。大正13年(1924年)生まれ、享年89歳。

私が中学生になったころ、叔父は、銃創をさすりながら、戦争の体験を話してくれた。
その時の叔父の顔が、昨日のことのように思い出される。

「酒飲みに来い」と言われながら、訪ねる機会もないまま、大分長い時間が経っていた。
お斎の会場の遺影の前で、コップに酒を注ぎながら、お別れをした。
本当にお疲れさまでした。どうか、安らかに。合掌。


    
    「なんとかなるさ」

    という、気楽さで。

    「なんとかするぞ」

    という、力強さで。


           神岡学の「きょう、いきる ちから」から - ダイヤモンド社 書籍オンライン -

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/05(日) 10:30:00|
  2. それぞれの桜
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

動画ニュース

H24.2.9(木)

朝、福島民友新聞社の「みんゆうネット」を開いたら、
何と、動画で、会津坂下にある立木千手観音像の修復作業の模様を
伝えていた。

動画ニュースは、主に、四季折々の自然の風景やさまざまなイベント
などを報道するものとばかり思っていたので、仏像が取り上げられた
ことに、とても驚いた。

記事の内容は、次のとおり。

 【動画】国重文「立木千手観音像」、100年ぶりの修復進む

   会津坂下町の恵隆寺で7日、同寺の本尊で国指定重要文化財
  の立木千手観音像の修復作業が進められた。
   同観音像の修復作業は約100年ぶり。文化庁の補助を受けて、
  4日から作業を行っている。
   この日は、観音像の両側に並ぶ眷属(けんぞく)二十八部衆の
  像を移動させ、ほこりを払ったり、修復前の現状写真の撮影など
  が行われた。
   作業は今後、観音像の周りに足場を設置して本格的な修復作
  業に入り、ほこり払いなど全体の掃除、金箔(きんぱく)や漆の剥
  落止めなどを行う。3月2日までに完了する見通し。
      (2012年2月8日 福島民友ニュース)


さらに驚いたことには、写真ニュースでも、同じ内容の記事で、立木
千手観音像がアップされていた。

同一記事が、動画と写真で二重に掲載されるのは破格の扱い・・・
流石に立木観音さま!


 100年ぶりの修復進む 坂下・国重文の立木千手観音像

立木千手観音像
  約100年ぶりに修復作業が進められている国指定重要文化財の
  立木千手観音像=会津坂下町・恵隆寺



立木観音さんのニュースは、新年になってからの「福島民友動画ニュース」
の4件目。

因みに3件までは次のとおりで、最初に取り上げられたのが「うそかえ祭」
[ウソウソカエ]。

友人は、体調を崩している私どもを心配し、昨年に引き続き、「鷽鳥(うそ
どり)」を買い求め、自宅に届けてくれた。ありがたいことです。 感謝!

いわき市からは、フクジュソウの便りが届いている。
これからは、梅の便り、そして桜と、花の便りが続く。嬉しい限りだ。


  災害も“うそ”に 福島・西根神社で「うそかえ祭」【動画】
                 - 2012年1月13日 福島民友ニュース -

 幻想的!川の流氷「シガ」 矢祭・久慈川に出現【動画】
                 - 2012年1月16日 福島民友ニュース -

  「フクジュソウ」咲き始め 陽気に誘われ鮮やかに【動画】
                 - 2012年1月20日 福島民友ニュース -


    
    目標が見えないので、
    目の前の仕事を
    誠実にこなします。

    きっと、そこからです。

    僕の何かがスパーク
    するのは。


           - 神岡学の「きょう、いきる ちから」
              (ダイヤモンド社 書籍オンライン)から -

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/09(木) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春は、その中に。

H24.2.11(土)

3.11東日本大震災から今日で11ヵ月。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害を受けられた皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

どうか、私たちを見守り、生きる力と希望を与えてくれますように。
そして、一日も早く、心落ち着く日々に戻れますように。

14:46 黙祷・・・。



ケイオウザクラが、この10日間ほど、散ることもなく頑張って咲いています。

ナツツバキの冬芽が、抜けるような青空を背景に、綺麗に輝いていました。

ヤブツバキは、蕾を大きくしています。

春が、もうすぐです!

  頑張って咲く -ケイオウザクラ《啓翁桜》- H24.2.7(火) 岡部 -

ケイオウザクラ

  青空を背に輝く -ナツツバキ《夏椿》の冬芽- H24.2.10(金) 岡部 -

ナツツバキの冬芽

  春に向かって -ヤブツバキ《藪椿》の蕾- H24.2.11(土) 岡部 -

ヤブツバキの蕾


    
    どんなに固い種でも
    閉じこもるために
    存在するんじゃない。

    塞ぎこんだ こころ
    握りしめた こぶし

    春は、その中に。


           - 神岡学の「きょう、いきる ちから」(ダイヤモンド社 書籍オンライン)から -

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/11(土) 22:30:00|
  2. 3.11関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

大蔵寺(7)-千手観音さま

H24.2.15(水)

前々回の「動画ニュース」の中で紹介されていた、会津坂下町の
恵隆寺の立木観音は、総高8.5mもある木造千手観音立像。

一方、福島市にある大蔵寺のご本尊、千手観音の高さは約4m。
立木観音の半分ほどだが、その堂々たる姿は、立木観音同様、
接する者を圧倒する。

千手観音は、昭和43年に収蔵庫に遷されるまで、観音堂裏の
奥の院(多宝塔)に安置されていた(「大蔵寺観音堂奥之院」)。

長い間秘仏とされていたご本尊、千手観音の画像は、少ない。
手元にある本などから、3点ほどアップさせていただいた。


 
 十一面千手観音立像(1)
   - 高橋富雄著 『みちのく―風土と心』
        (社会思想社刊 昭和42年)-

  大蔵寺:十一面観音立像(1)

  大蔵寺での圧巻は、奥の院の十一面観音像である。
  三メートルを越える巨像であるが、破損がいたましく、旧態を保っ
  ているのは、化仏を除く頭部、胸部の一部、それに両股間の渦文
  の一部だけで、顔面も近世の胡粉が厚く原相をおおいつくしてい
  る。全体、惨澹たる補強によって、わずかに巨体をささえているに
  すぎない。物語に読む弁慶立ち往生のような立ちすがたである。

  それにもかかわらず、その印象は強烈である。
  胡粉や修補の、ほとんど致命的と思われる破壊をおしのけて、不
  退転の意志をおし出してくる。破壊がいたましいだけに、不死身の
  金剛力が、なおさら強烈である。

  東大寺三月堂では、見るも無残に破損した弁財天が、胴体に鉄
  輪をはめ、片目・片頬で厨子内にかろうじて立っているのをおもい
  だしていただきたい。それがかえって、トルソーのように異様な魅
  力を訴えるのだが、ここでも、このいたましい破壊は、その残され
  た魅力をなおさら引き立てているようですらある。

  これは、すぐれた中央系仏師の製作であろう。
  観音像として、これほど巨大な迫力を印象するのはめずらしい。
  目下修補中のはずであるが、下手に小ぎれいになることによって、
  このすさまじいばかりの迫力が薄められるようなことのないように
  心から願っておく。




 十一面千手観音立像(2)
   - 「福島県の文化財-国指定文化財要録-」
      福島県教育委員会(平成元年 発行) -

  大蔵寺:千手観音立像 (2)

   カヤの巨材を用いた一木造りで、今は地付部が朽損して、当初の
  像高より低くなっている[398.4cm]。
   堂々たる太づくりの体貌で、大きく丈の高い髻(きつ)の形にも特色
  があり、面相・体貌にも力強い張りがあり、作期は一〇世紀後半と
  みてよい。東北地方の中では古作・大作の一つとして注目される作
  品である。
   左膝をやや遊び足にして立つ姿であるが、今は前面右足の大部
  を後補し、形制のまとまりを欠くのは惜しい。もっとも、裳の折り返し
  部の正面の彫りには勝常寺本尊の脇侍像[注:月光菩薩立像・日
  光菩薩立像]に通じるものがあり、興味深い。両足の間や背面の天
  衣などに渦文がみられ古様を伝える。
   なお、頭上面中の三面は、一二世紀末のもので、そのころすでに
  修理が行われたことを知りうる。 
                 
  【注】 勝常寺本尊:木造薬師如来の脇侍像
       日光菩薩立像・月光菩薩立像


     日光菩薩立像   月光菩薩立像

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/15(水) 22:30:00|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

渡岸寺の十一面観音

H24.2.21(火)

渡岸寺(どうがんじ)の十一面観音に最初にお会いしたのは、
全くの偶然だった。

平成16年8月上旬、2泊3日の日程で伊吹山登山を計画した。
初日は長浜市内に泊ることにした。途中、琵琶湖手前の余呉湖
に立ち寄ったあと、国道8号を進んでいたら、大きな立看板が目
に飛び込んできた。そこには、何と「国宝・・・十一面観音・・・」と
書かれているではないか!迷うことなく即座にハンドルを切った。

風のかみさんは何のことか分からずに、「どうしたの?」と驚きの
声をあげた。説明したら、「あ、いつもの寄り道か」とすぐに納得。
気持ちを抑え、渡岸寺へと向かった。

お姿を拝し、熱いものが心の底から込み上げてきた。どのくらい
の時間が経っただろうか、満ち足りた気持ちで渡岸寺を後にした。
素晴らしい出会いに、かみさんも喜び、以来お気に入りの仏像の
一つになった。

翌年(平成17年)のゴールデンウイークに、妹夫婦がいる山口県
光市を訪ねた。途中、渡岸寺を訪ねることを目的のひとつとして
出掛けた。9カ月ぶりの再会に、二人して喜んだ。

平成18年の秋、門外不出とされていた仏像が、東京国立博物館
の特別展に、1200年の時を経て寺外初公開されることになった。
3度目の出会いに心躍らせながら、上京した。

3年間の毎年、出会うたびに感動を新たにした。次は何時お会い
できるのだろうか、その日を夢見ながら、日々おだやかに過ごし
たいと思っている。



 渡岸寺の十一面観音菩薩立像
     - 滋賀県:向源寺(渡岸寺観音堂所在)-

               
  渡岸寺:十一面観音像

     写真:「東京国立博物館:特別展 仏像
    一木にこめられた祈り」(読売新聞HP)から

 【側 面】(左)【背 面】(右)

  渡岸寺:十一面観音菩薩立像(側面) 渡岸寺:十一面観音菩薩立像(背面)

     写真:「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」
      (2006年 読売新聞東京本社 発行)から
   
 【上 体】

  渡岸寺:十一面観音菩薩立像(上体)

    写真:滋賀県HPから

 【暴悪大笑面】

  渡岸寺:十一面観音菩薩立像(暴悪大笑面)

   写真:「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」
      (2006年 読売新聞東京本社 発行)から

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/21(火) 17:30:00|
  2. 彫 刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春告げる

H24.2.22(水)

久し振りに大蔵寺に立ち寄ったら、春を告げる花、フクジュソウ
《福寿草》が咲いていた。旧暦正月頃に咲くことから正月の飾り
とされ、めでたい意味の「福寿」を和名としたとか。ガンジツソウ
《元日草》、ツイタチソウ《朔日草》などの別名もある。

同じく春を告げる花に、セツブンソウ《節分草》がある。いずれも
スプリング・エフェメラル・・・春の儚い命、春の妖精とも呼ばれて
いる花たちだ。

セツブンソウは、日本固有の植物。フクジュソウは?と調べたら、
在来種とのこと。飯泉優著「草木帳」(2002年 ㈱山と渓谷社)は、
次のように記している(p.21)。

  「太古の昔より日本に自生し、しかもかなり目立つ花であり
  ながら、古典の類にはほとんど登場していないのは、本来
  の分布域が北に片寄っており、大宮人たちの目に触れるこ
  とが少なかったからだろうか。一般に広く愛好され、栽培さ
  れるようになったのは、江戸時代になってからのようだ。」

  フクジュソウ《福寿草》 - H24.2.22(水) 福島市:大蔵寺 -

フクジュソウ


  セツブンソウ《節分草》 - 3月上旬 栃木市:星野 -

セツブンソウ

続きを読む

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/02/24(金) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春を呼ぶ

H24.2.23(木)

去年の今ごろは何を写していたのだろうか、と調べたら、私の写真の先生の庭に咲いている
フクジュソウだった。

朝食を終え、その日のことをあれこれと思い起こしながら、さて今日は何を写そうかと考えた。
ふと、風のかみさんが、「ケイオウザクラの葉桜が綺麗!」と言っていたのを思い出した。

「花びらが散るのでなく、花がポロリと落ちるの!」と教えてくれたのは、その数日前のこと。
初めて気が付いて、しきりに感心していたところだ。

  ケイオウザクラ(1) - H24.2.23(木) 岡部 -

ケイオウザクラ(1)

新しい葉は、柔らかで、艶々として、とても瑞々しい。

花はほんの少し残っていた。辛うじてしがみ付いているふうだ。
花をほとんど落としてから、美しい葉桜の世界を展開する。そのいのちの営みは、不思議だ。

  ケイオウザクラ(2) - H24.2.23(木) 岡部 -

ケイオウザクラ(2)


葉の輝きは、「いつものサクラの季節も早く来て!」と春を呼ぶ。春は、もう直ぐ!。

  ケイオウザクラ(3) - H24.2.23(木) 岡部 -

ケイオウザクラ(3)


サクラは、現在では600種を越えるとされている(wikipedia「サクラの一覧」)。
フクジュソウは、42品種ほどが保存されているとのこと(「庄内の日本桜草栽培日誌」)。

季節に係わりなく、いつでも美しい花を愛でたいという願望が、多くの品種を生み出してきた。
自然のままに咲くもの、新たに生み出されて咲くもの、さまざまな姿がある。



「青いバラ」へのチャレンジ:「サントリーブルーローズ アプローズ




テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2012/02/26(日) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

何かはある

H24.2.27(月)

何もないようでも 被写体は結構あるものだ。

テラスの端に雨どいのようなものがある。そこに出来る垂氷(たるひ)も その一つ。

  垂氷(1) - H24.2.27(月) 岡部 -

垂氷(1)


朝陽が当たり 氷柱の先が透明になっている。融けては ポタッ と落ちてゆく。

  垂氷(2) - H24.2.27(月) 岡部 -

垂氷(2)


人の横顔のような形の垂氷があった。面白いもんだ。

  垂氷(3) - H24.2.27(月) 岡部 -

垂氷(3)




   
   失うものがある。
   手に入れるものがある。

   うまくできてる。


        - 神岡学の「きょう、いきる ちから」(ダイヤモンド社 書籍オンライン)から -




テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/27(月) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

それぞれが

H24.2.27(月)

サザンカの花びらの色が鮮やかだ・・・

  サザンカ《山茶花》(1) - H24.2.27(月) 岡部 -

サザンカ(1)


むき出しになった 雌しべと雄しべ

  サザンカ《山茶花》(2) - H24.2.27(月) 岡部 -

サザンカ(2)


花びらが落ちている ・・・

  サザンカ《山茶花》(3) - H24.2.27(月) 岡部 -

サザンカ(3)  サザンカ(3)


それぞれが、頑張っている姿を 頑張った姿を 見せてくれている。



   
   どんな時にも
     結果はでるよ。
   行動した時、 
    そして何もしなかった時。  


      - 神岡学の「きょう、いきる ちから」(ダイヤモンド社 書籍オンライン)から -




テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/28(火) 22:30:00|
  2. 花のすがた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (534)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (64)
その他 (120)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR