独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

ナツツバキの冬芽と果殻

H23.12.5(月)

ウメモドキ《梅擬》の実を撮ろうとして、ナツツバキ《夏椿》の冬芽に気が付いた。

  ナツツバキ《夏椿》の冬芽と果殻 - H23.12.5(月) 岡部 -

ナツツバキの冬芽と果

冬芽の傍にあるのは果実の殻、果殻(かかく)。果殻は、春先まで残る。 ↑

冬芽は冬を越し、夏には見事に花開く。 ↓

  ナツツバキ《夏椿》 - H23.7.5 岡部 -

ナツツバキ


初冬の青空を背にした ナツツバキの果殻のシルエット。 ↓

  ナツツバキ《夏椿》の果殻 - H23.12.5(月) 岡部 -

ナツツバキの果殻


ツリバナ《吊花》の果も、残り少なくなってきた。 ↓

もうしばらく、そのユニークな形と色合いの姿のまま、頑張って吊り下がっていて欲しい。

  ツリバナ《吊花》の果 - H23.12.5(月) 岡部 -

ツリバナの果


四季を通じて繰り広げられる生命(いのち)の営みは、不思議だ。

その姿への畏敬の念、愛しい想いが脈絡もなく入り交じり、静かに時間が流れた。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/05(月) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何の実?(5)

H23.12.8(木)

これは、前回の記事で触れた、ウメモドキ《梅擬》の実。

  ウメモドキ《梅擬》の実 - H23.12.7(水) 岡部 -

ウメモドキの実

ヒヨドリやメジロは、ウメモドキやナンテンの実だけでなく、サザンカの花の蜜も餌にする。

その蜜は大量で、薄味とのこと。サザンカは、鳥を利用して受粉する植物、鳥媒花。

一つ一つの花の命は短いが、次々と蕾が開き、花期は長い。嬉しいことだ。

  サザンカ《山茶花》 - H23.12.7(水) 岡部 -

サザンカ

鳥媒花は赤いものが約80%を占め、鳥たちにとっては、赤色は食べ物のサインとか。

だが、同じ赤色の実でも、カンボク《肝木》の実には鳥は寄り付かない。

カンボクの名前の由来については、一般的には「不明」とされているが、

 ・「枝葉が止血剤、果実は目薬になり、人体に良い肝要な木」⇒「肝要な木」⇒「肝木」となった

 ・「木を煎じて肝臓の薬に使用したので、肝木」と名付けられた、などの説があるとか。

  カンボク《肝木》の実 - H21.9.13 裏磐梯:野鳥の森 -

カンボクの実(1)

裏磐梯のパークボランティアをしていた時に、先輩から次のように教えられた。

 ・カンボクの実は「鳥も食わないこと」からカンボクのことを「トリクワズ」と呼び、

  「鳥も食わない」⇒「鳥も食わん」⇒「クワン木」⇒「肝木」となった。

 ・食べ物がよくよく無くなった早春の頃、仕方なく食べ始める。

鳥たちに食べられることもなく残った赤い実は、青空と雪原の中で、ひと際目立つ。

  カンボク《肝木》の実 - H21.1.8 裏磐梯:中瀬沼探勝路 -

カンボクの実(2)

毒はないそうだが、余りにも不味く、鳥たちも好んでは食べないとのこと。

日本三大有毒植物は「トリカブト《鳥兜》・ドクウツギ《毒空木》・ドクゼリ《毒芹》」とされるが、

会津では、「トリカブト」に代えて「ヒョウタンボク《瓢箪木》」を入れ、「会津の三毒」としている。

ヒョウタンボクの実も赤色。

外見だけの、「美味いもの擬き」や「赤色のサイン」には、くれぐれも気を付けなくては・・・。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/08(木) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「思うがままに」 ~ サザンカ ~

H23.12.11(日)

3.11東日本大震災から今日で9ヵ月。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害を受けられた皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

14:46 黙祷・・・。


昨夜は、皆既月食。
・・・夜空を仰いだでしょうか?


ふくしま総文(第35回全国高校総合文化祭福島大会)の構成劇「ふくしまからのメッセージ」と
イメージソング「思うがままに」に、サザンカ《山茶花》の画像を組み合わせて動画を作った。

やまない雨はない。明けない夜はない。平和なときには気づけなかった「本当に大切なもの」。
「本当に大切なもの」・・・果たして、何なのでしょう?
  

  「思うがままに」:歌詞

  澄んだ瞳で立ちあがり 歩きだそう 自分の速さで
  君の目には何が映るのだろう
  広がる空はただ青く 緑の大地はただ壮大で
  その手は何を創りだすのか
  思うがままに伝えればいいのさ
  ほころぶ笑顔こぼれだし 歌いだそう 喜びのメロディ
  君の目には何が映るのだろう
  流れる音はどこへ行く 遠く離れたあなたのもとへ(原:遠い遠い誰かの元へ)
  その手は何を紡ぎだすのか
  思うがままに伝えればいいのさ
  さあ、行こう 未来を見つめ
  さあ、行こう 夢が示す方へ
  さあ、凛と顔をあげて まだ見ぬ世界へ(原:世界へ)今踏みだそう



マイムービー「思うがままに」

   

パッフェルベルのカノンをBGMにして作ったものを、リンク先に貼りました。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/11(日) 22:30:00|
  2. 3.11関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

庭に雪が

H23.12.17(土)

3.11の被災地、東北地方の沿岸部の各地は、今朝、今季一番の寒さを記録したとのこと。

福島市の今朝の気温は、氷点下1℃。夜明け前の薄暗い中、庭を見たら、一面雪で覆われていた。

白鳥の鳴き声の挨拶を受け、風のかみさんに長靴を出してもらい、庭に出た。

雪を踏む感触が、何とも言えず新鮮で、心地良かった。朝食前に、早速 カシャッ!

  サザンカ《山茶花》 - H23.12.17(土) 岡部 -

サザンカ(1)


  サザンカ《山茶花》 - H23.12.17(土) 岡部 -

サザンカ(2)


  ナンテン《南天》の実 - H23.12.17(土) 岡部 -

ナンテンの実


野田総理の原発事故の収束宣言に、違和感どころか、激しい怒りすら覚えた。

ステップ2の達成と事故の収束は、全く別問題だ。ステップ2すら達成していないと

みるべきなのに、一体、どうして、そのような発言になるのか、全く理解が出来ない。

総理も担当大臣も、「冷温停止」の意味について、あらためて考え直すべきだ!

野田内閣総理大臣記者会見 - 平成23年12月16日 -

達成強弁 実態は道半ば - 東京新聞 2011年12月17日 朝刊 -

作業員「政府ウソばかり」 - 東京新聞 2011年12月17日 朝刊 -

小出裕章が語る、政府の「冷温停止宣言」の間違い - H23.9.19 -

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/17(土) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

第4の革命・・・

H23.12.26(月)

2011年は大変な年、忘れることのできない年となった。

ニュージーランド地震、3.11東日本大震災、原発事故、風評被害、新潟・福島豪雨、台風12号、

南アフリカ・アラブでの民主化の波、タイ洪水、欧州経済危機、金正日総書記死去 etc. ・・・

とりわけ、福島原発事故は、文明の転換点とまで言わしめる大事故で、世界を震撼させた。

この年を、一体どんな年と表現すればよいのか、その言葉を知らない。

強いて挙げれば、ドイツ語の「シュトゥルム・ウント・ドラング」(Sturm und Drang)、和訳で

「疾風怒濤」あたりの言葉を当てればよいのだろうか。

いずれにしろ、一日も早く平和で安全な日が来ることを、心から願うばかりだ。



ドキュメンタリー映画「第4の革命 - エネルギー・デモクラシー」の一斉上映会が、

2012年1月14日(土)に日本全国全ての都道府県で開催される(リンク先参照)。

この映画は、2010年、ドイツで最も観られ、そのエネルギー政策に影響を与えたとされる。

・・・農業、産業、ITに続く第4の革命「エネルギー・デモクラシー」は起こりうるのか?

菅原文太さんから、「上映会 in 仙台」へ、メッセージが寄せられている。

 地球上の生きとし生けるもの 生命が大切にされる社会こそ美しく、
 
 また真の祖国として誇ることができる。

 原発のみならず、戦争の絶えない世界にも終わりを告げる勇気と言葉を持とう。


かっこいいコメント!


ショパンの練習曲『革命』に乗せて、自宅の庭に咲く花などをアップした。



新しい年が幾らかでも良い年でありますように!

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/12/26(月) 22:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カレンダー

H23.12.30(金)

ここ数年来手作りのカレンダーを作っているが、どうしても年を越してしまっていた。

今年こそは、笑われないように年内には作ろうと計画した。画像は、身近に咲く愛おしい

ものばかり。かろうじて、間に合った。


2011年は、忘れることのできない大変な年。

そんな中、みなさんの力強い支えにより、夫婦とも何とか日々を過ごすことが出来ました。

感謝の気持ちで一杯です。

日がな一日花たちに向き合い、その生命(いのち)の逞しさに驚き、勇気づけられたことも

大きな要因の一つ。花たちにも、感謝!


新しい年の一日一日が、より良い日々となりますよう、心からお祈りいたします。


  2012年版カレンダー(1月・2月)

H24(2012)年カレンダー(1・2月)

  2012年版カレンダー(3月~12月)

H24(2012)年カレンダー(3・4月) H24(2012)年カレンダー(5・6月) H24(2012)年カレンダー(7・8月)

H24(2012)年カレンダー(9・10月) H24(2012)年カレンダー(11・12月)

アップした2012年版カレンダー(6枚組)の印刷は、自由です。

よろしければ、お使いください。

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/12/30(金) 10:30:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (534)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (64)
その他 (120)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR