独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

夢をあきらめないで(1)

H23.7.1(金)

  アジサイ《紫陽花》 - H23.7.1(金) 岡部 -

ガクアジサイ

アジサイが開き始めてきた。

昨日は、下の孫娘(小5)が通う福島市立第3小学校の合唱・合奏祭の日。

会場の音楽堂までは車で10分もかからないのに、8時20分には岡部の自宅を出た。
開場が9時15分だから、その45分も前のこと。「じい・ばあバカ」と言うべきか。

孫たちの出番は3番目。80人近くの5年生による合唱で、曲は「夢をあきらめないで」。
孫はピアノ伴奏。小3以来、ピアノ伴奏の役目を3回も続けることになる。驚きだ。

孫たち二人の音楽的才能は相当なものだと、「じい・ばあバカ」ながら日ごろ感じている。
この日も、一心不乱に伴奏する孫の姿を見て、目頭を熱くしながら、あらためてそう思った。
横一列に並んで座っていた親たちや、それぞれの「じい・ばあ」も、同じ思いでいたのでは。

一段と大きな拍手を送ったのは、言うまでもない。



「夢をあきらめないで」は、あの、「待つわ」の、あみん 岡村 孝子の代表曲の一つ。
4分の1世紀経っての「待つわ'07」もど~ぞ!

家内は、今日24回目の治療を終えた。
残すところ、来週月曜日一日を残すのみとなった。

「苦しいことに つまづく時も
 きっと上手に 超えて行ける」

「切なく残る痛みは
 繰り返すたびに 薄れていく
 あなたの夢を あきらめないで」

歌詞の一節が、妙に心に響いてくる。


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/01(金) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢をあきらめないで(2)

H23.7.2(土)

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.1(金) 岡部 -

ガクアジサイ

今年も前半が終わってしまった。早いものだ。
毎日庭の花たちを眺めて過ごしてきたが、後半も同じパターンでスタートした。

ガクアジサイは、人生が時間(とき)の流れの中で変わりゆくように、その色合いを微妙に
変えてきている。
鮮やかに色づいた飾り花の先の雫を見て、裏磐梯に、エゾアジサイ《蝦夷紫陽花》の花を
訪ねてみたいと強く思った。

  エゾアジサイ《蝦夷紫陽花》 - H21.7.17 中瀬沼探勝路 -

エゾアジサイ


梅雨時のこの時季、庭の花たちは、生命(いのち)を精一杯に輝かせて、咲いている。
家内は、来週月曜日で当面の通院期間が満了となる。長く待っていた日だ。

「夢をあきらめないで」の歌詞、「負けないように 悔やまぬように・・・輝いて・・」が浮かんだ。

リンク先に、「会津嶺の麓で -夏1」を追加。


テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/02(土) 23:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夢をあきらめないで(3)

H23.7.4(月)

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.3(日) 岡部 -

ガクアジサイ(1)

↑ ガクアジサイの花は、周りのピンク色の大きくて綺麗な方ではなく、
中央にある青色の小さくて目立たない方が本物。本物の花を偽物の花?(萼片・装飾花)が
額縁のように取り囲んでいるので、「額」紫陽花。「萼」紫陽花ではない。
飾り花は虫を呼ぶためのもので、受粉したら下を向く。下向きの花を見たら、「結婚おめでとう!」

↓ 左の写真は本物の花(中央にある多数の両性花)を横から写したもの。
右の写真は上から写したもの。

ガクアジサイ(2)  ガクアジサイ(3)

前回もアップしたエゾアジサイ。今回もアップした。↓ 大好きな花の一つだ。


エゾアジサイ

唐招提寺、東大寺、法華寺などに咲く珍しい花、瓊花(けいか)(鑑真和上の故郷、江蘇省揚州市
の名花で、和上がこよなく愛したとされる。)は、ガクアジサイに似た白い可憐な花を咲かせるが、
アジサイはユキノシタ科の草、瓊花はスイカズラ科の木で異なる。
この写真は、5年前に、奈良・京都を旅行したときに唐招提寺で写したもの。
丁度見ごろを迎えていた花に出会うことができたのは、幸運としか言いようがなかった。

家内は、今日で、当面の通院からは解放された。
長くて辛かった5週間だったと思う。本当に、お疲れさま!
家内のことを一生懸命支えてくれた方々に、心から感謝したい。本当にありがとうございました。

パンドラの箱の神話では、箱には、たった一つ「希望」のみが外に出ないで残り、それから、
人類はあらゆる不幸の只中にあって、この「希望」を寄りどころに苦しい日々を耐えたのだという。
これからも、また元気になるのだという希望をもって、楽しく、明るく過ごしたいと願っている。

リンク先「dajaroのデジブック」に、「会津嶺の麓で -夏2」を追加した。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/04(月) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

力の限り生きてやれ(1)

H23.7.8(金)

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.5(火) 岡部 -

ガクアジサイ

5日に写した画像のアップが、ついつい手がつかず、今日になってしまった。

これまでの2週間おきの、木・金曜日の通院に加え、今週からは毎週水曜日に指圧も加わった。
水・木・金と続けて3日間も通院・治療に明け暮れたのだから、まあ、しようがないか。

この時季、小雨に濡れて、しっとりと咲く花たちがいい。

北海道には梅雨がないと言うので、夕張岳に花を訪ねた時のこと。
駐車場に着いたら1台の車もなく、我々だけかと話していたら、ぽつぽつと雨が落ちてきた。
最初から雨具着用だ。視界も悪く、展望もなく、ただ、しとしとと降りしきる雨の中を往復した。
雪中行軍ならぬ雨中行軍だ。

雨に濡れて咲く、エゾミヤマクワガタ《蝦夷深山鍬形》やチシマフウロ《千島風露》を思い出す。

  エゾミヤマクワガタ《蝦夷深山鍬形》 - H14.7.15 夕張岳 - ↓

エゾミヤマクワガタ

  チシマフウロ《千島風露》 - H14.7.15 夕張岳 - ↓

チシマフウロ

それにしても、高山植物の逞しい生命力には、いつも大きな感動を覚える。

【大空と大地の中で】 - 松山 千春 -

 生きる事が つらいとか
 苦しいだとか 言う前に
 野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ

※ リンク先に「会津嶺の麓で-秋」を追加。

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/08(金) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

力の限り生きてやれ(2)

H23.7.11(月)

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.5(火) 岡部 -

ガクアジサイ

3.11東日本大震災から今日で4ヵ月。

14:46 黙祷・・・。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被害を受けられた皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。

アジサイの七変化ではないが、様々なことが、余りにも目まぐるしく変わり過ぎる。
政局や世情は心荒むことばかり。この4ヵ月間は一体何だったのだろうか、と怒りすら覚える。

ナツツバキは、朝に開花し、夕方には落花する一日花。日々、開いては落ちる。

不確実な状況の中、日々前向きに過ごそうとする被災者や、明るい笑顔の子供さんたちの姿を目にするとき、
この姿こそが、未来につながる確かな生き様なのだ、しっかりした営みの証しなのだ、と胸を熱くする。

  ナツツバキ《夏椿》 - H23.7.5(火) 岡部 -

ナツツバキ

目をそらすことなく大切なことに向き合い、日々の暮らしを積み重ねて行く、
そんな立ち上がりの一歩を一日でも早く、と心から祈るばかりだ。

【大空と大地の中で】 - 松山 千春 -

 歩き出そう 明日の日に

福島県復興ビジョンについての提言 - 平成23年7月8日(金) 福島県復興ビジョン検討委員会

※ リンク先に「会津嶺の麓で -冬」を追加した。

9日(土)は35℃、昨日10日(日)は36℃、そして今日11日(月)は33℃で、東北地方も梅雨明け宣言!
東北南部は平年よりも14日、東北北部は17日早く、昨年よりもそれぞれ7日早いとのこと。

そんな暑さの中で、磐梯山南麓の湖丘庵から福島の岡部の自宅へと、バタバタと慌ただしく引越した。

続きを読む

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/11(月) 22:30:00|
  2. 3.11関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

力の限り生きてやれ(3)

H23.7.14(木)

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.5(火) 岡部 -

ガクアジサイ

ガクアジサイの飾り花の先端に宿った雫・・・
ゆったりとした時間の流れの中で、どれほど繋ぎ止まり、輝き続けるのだろうか。

7月に入り、毎回、ガクアジサイをアップしてきた。

どんな花でもそうなのだが、とりわけ梅雨時に咲く花は、大切な何かを語りかけているようだ。
花も雫も、それぞれのいのち。一つひとつの輝き。どんなに辛くても、今の時間が、未来が大事と。

  ガクアジサイ《額紫陽花》 - H23.7.9(土) 岡部 -

ガクアジサイ(3)

  青空と雲 - H23.7.10(日) 4:50 湖丘庵から - ↓

青空と雲

知人から、キツネの親子が芝生に来て、戯れているとの話を聞いたので、カメラを取り出した。
通り過ぎて行く親子には間に合わなかったが、後から現われたキツネの姿を、辛うじて写すことが出来た。
リスは何回も目撃したが、キツネは二回目だ。残念ながら、クマを目撃する機会はなかった。

【大空と大地の中で】 - 松山 千春 -

 果てしない大空と 広い大地のその中で
 いつの日か幸せを 自分の腕でつかむよう
 自分の腕でつかむよう


※ リンク先に「会津嶺の麓で -完」を追加。
 これで、デジブック「会津嶺の麓で」のシリーズ全6編を、すべてリンクしたことになる。楽しい作業だった。

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/14(木) 10:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ムラサキツユクサ

H23.7.15(金)

  ムラサキツユクサ《紫露草》 - H23.7.9(土) 岡部 -

ムラサキツユクサ

朝に開いて、午後には萎む一日花。

ムラサキツユクサの雄しべの毛の色は、放射線の影響でピンク色に変わるとのこと(市川定夫氏)。
庭のムラサキツユクサの色はまだ変わっていない。放射線量の蓄積はそれほどでないと考えるべきか。
だが、隣りの渡利支所の環境放射能測定値(地上1m)は、 2.49(マイクロシーベルト/時間)と相変わらず高い。

ナツツバキの花は、すべて落ちた。来年も咲いて欲しい、雌しべと雄しべが綺麗な一日花だ。 ↓

  ナツツバキ《夏椿》 - H23.7.5(火) 岡部 - 

ナツツバキ

クガイソウが見ごろを迎えてきている。雄しべは2本。沢山集まって伸びている形が面白い。 ↓

  クガイソウ《九蓋草》 - H23.7.5(火) 岡部 -

クガイソウ

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/07/15(金) 22:00:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギボウシ

H23.7.16(土)

  ギボウシ《擬宝珠》 - H23.7.11(月) 岡部 -

ギボウシ(1)

先週の9日(土)にはまだだったギボウシが、11日(月)に開いた。 ↑

今日の福島は、35.8℃。連日の暑さに、花たちもゲンナリ。が、それでも頑張って、花を咲かせている! ↓

  ギボウシ《擬宝珠》 - H23.7.16(土) 岡部 -

ギボウシ(2)

夕方、水をもらったギボウシは、ホッと息をついたようだ。 ↓ 我々も、冷たいもので、ホッとしようか!

  ギボウシ《擬宝珠》 - H23.7.16(土) 岡部 -

ギボウシ(3)

てなわけで、冷たいビールをコップ一杯! うま~いッ!

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/16(土) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

なでしこジャパン 世界一!!

H23.7.18(月)

     今朝一、号外版!  なでしこジャパン 世界一!!

  タカネナデシコ《高嶺撫子》 - H20.10.10 磐梯山 -

タカネナデシコ

続きを読む
  1. 2011/07/18(月) 07:36:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジバナ

H23.7.18(月)

  ネジバナ《捩花》- H23.7.16(土) 岡部 -

ネジバナ(1)

別名モジズリ(綟摺)。
モジズリは、信夫綟摺(しのぶもじずり)に由来し、信夫綟摺は、かって福島県信夫郡(福島市)で
産した乱れ模様の摺り布のこととか。その染め方は、みだれ模様のある巨石の上に白絹を置き、
忍草(しぼくさ)を摺って、模様をうつし出し、緑に染めたといわれる。

別名モジズリの名は、ネジバナの花の捻じれ連なる状態が、信夫綟摺の乱れた模様に似ている
ことからつけられたとか。

「みちのくの しのぶもぢずり 誰ゆゑに 乱れそめにし われならなくに」
                      - 河原左大臣源融<古今和歌集> -

芭蕉は、元禄2年5月2日、信夫文字摺石を訪ねた。その時の模様を、曽良は次のように伝える。

曽良随行日記<原文>

 一 二日
  快晴。福島ヲ出ル。町ハヅレ十町程過テ、イガラべ(五十辺)村ハヅレニ川有。川ヲ不越、
  右ノ方ヘ七、八丁行テ、アブクマ川ヲ船ニテ越ス。岡部ノ渡リト云。
 
 文知摺観音
  ソレヨリ十七、八丁、山ノ方ヘ行テ、谷アヒニモジズリ石アリ。柵フリテ有。草ノ観音堂有。
  杉檜六、七本有。虎が清水ト云小ク浅キ水有。福島ヨリ東ノ方也。其辺ヲ山口村ト云、ソレ
  ヨリ瀬ノウヱヘ出ルニハ月ノ輪ノ渡リト云テ、岡部渡ヨリ下也。ソレヲ渡レバ十四、五丁ニ
  テ瀬ノウヱ也。山口村ヨリ瀬ノ上ヘ弐里程也。

「早苗とる 手もとや昔 しのぶ摺」 芭蕉<奥の細道>

「岡部の渡し」跡や「文知摺観音」は、何れも自宅から近いところにある。
時間をかけてゆっくりと尋ねたいと思うのだが、いつもそそくさと歩いてしまうことが多い。
これからは、「奥の細道」などを携え、少しは深みある歩き方を、なぞと神妙な思いになる。

ネジバナは、左巻き、右巻きがある。 ↓ どうしてそうなるのか分からない。面白い現象だ。

  ネジバナ《捩花》 - H14.7.19 苫小牧市:勇払原野 -

ネジバナ(2)

昨日の福島市は36.6℃。今日は35.5℃。連続しての猛暑日だ。

4時前から、「女子ワールドカップ ドイツ2011」決勝戦・日本vs.アメリカを、テレビ観戦した。
もの凄い試合だった。「おめでとう!」 優勝を祝して、そして私どもの健康をも願って、乾杯!

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/18(月) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ツユクサそれぞれ

H23.7.19(火)

  ツユクサ《露草》 - H23.7.19(火) 岡部 -

ツユクサ(1)

朝、庭に出たら、ツユクサが開いていた。今年初めての出会いだ。
フェルメールブルー、東山ブルーなど絵画の世界での「青」に心が惹かれるが、花の青にも、
同じように心惹かれる。

そんななかで、北八ヶ岳麦草峠の野草園でヒマラヤの青いケシを見たときの感動を、
未だに忘れることが出来ない。
青いケシを見るのは容易でないが、身近に見ることが出来る青色の花として、ツユクサがある。
出会うたびに、その独特な形と美しい色合いに、新たな驚きを覚える花だ。

これからしばらくは出会える、と思っただけで喜びが込み上げてくる。

  シロバナツユクサ《白花露草》 - H22.8.10 桧原湖西岸細野 - ↓

ツユクサ(2)

二段重ねのツユクサ。 ↓

  ツユクサ《露草》 - H22.8.28 岡部(隈畔) - 

ツユクサ(3)

「月草に 衣は摺らむ 朝露に 濡れての後は うつろひぬとも」 万葉集 巻第7 1351 作者未詳歌

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/07/19(火) 22:30:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

牛乳を注ぐ女

H23.7.25(月)

  牛乳を注ぐ女 
    - ヨハネス・フェルメール(1632-1675) 1658-59年頃制作 -

    オランダ(アムステルダム):アムステルダム国立美術館所蔵 45.4×40.6cm

牛乳を注ぐ女                   

フェルメールの本物の作品に初めて接したのは、今から4年前の平成19年(2007年)、
国立新美術館で開催された「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」だった。

絵の前に立ち、まず、その大柄な、逞しいと言いたくなるような女性の姿に、圧倒された。
大地に根を下ろし、しっかと立って、日々の営みをこともなげにこなしている、そんな安心感・・・

加えて、頭にかぶった白い布、上半身に纏った黄色の服、青いエプロン、なかばずり落ちそうな
テーブルクロスなど、その構図と色の組み合わせの巧みさ・・・目を瞠り、釘付けとなってしまった。

さらに、奥の壁には数本の釘と、釘を抜いた跡の生々しさまでが伝わり・・・
日本初公開の「牛乳を注ぐ女」に出会えたことに、至福の悦びを覚えた。

好きな分野に、絵画や音楽、そして彫刻などがある。
花たちを中心としたこのブログに、新たなカテゴリーを追加することに一寸迷ったが、
ま、いいか、あれこれと好きなことでも呟ければ、なんて思いながらカテゴリーに「絵画」を追加した。
ついでに、プロフィールの名前も「dajaro」に、住所も「福島市在住」と変更した。

それはそれ、矢張り花のアップも欠かせない!

  ムラサキツユクサ《紫露草》 - H23.7.22(金) 岡部 -

ムラサキツユクサ(2)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/25(月) 19:30:00|
  2. 絵 画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真珠の耳飾りの少女

H23.7.25(月)

  真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)
   - ヨハネス・フェルメール (1632-1675) 1665年頃制作 -
   オランダ(ハーグ):マウリッツハイス美術館所蔵 46.5×40cm

真珠の耳飾りの少女 390x476

フェルメールと最初に出会ったのが、「真珠の耳飾りの少女」。
今から15,6年前のこと、打ちのめされるような強烈な出会いに、瞬時に
して虜になってしまった。

この絵が日本に来たのは、これまで2回。 最初は、1984年(昭和59年)、
国立西洋美術館等での「マウリッツハイス王立美術館展」。  2回目は、
2000年(平成12年)、大阪市立美術館で開催された「フェルメールとその
時代」展。

マウリッツハイス王立美術館のHPを開くと、タイトルは "Meisje met de
parel"となっているが、これまでの展覧会では、何れも「青いターバンの
少女(真珠の耳飾りの少女)」として紹介されている。

マウリッツハイス美術館の大規模改修工事に伴い、来年にはこの絵が
日本にやって来るとのこと。 7~9月に東京都美術館、10~12月に神戸
市立博物館で開催予定で間もなく会えるとか、嬉しい限りだ。
(asahi.com 2011年3月1日 「この陰影、フェルメール?分子生物学者の
福岡伸一さんが仮説」)

来年の楽しみもさることながら、当面、 「 フェルメール≪地理学者≫ と
オランダ・フランドル絵画展 」
「 フェルメールからのラブレター展 」の、
二つの展覧会を訪ねることが先決か!

  ムラサキツユクサ《紫露草》 - H23.7.22(金) 岡部 - ↓

ムラサキツユクサ(3)

 露草は この時こそと 今を生き

お粗末!

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/25(月) 22:30:00|
  2. 絵 画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三時のあなた(1)

H23.7.25(月)

  ハゼラン《爆蘭》 (別名:三時のあなた) - H23.7.24(日) 岡部 -

三時のあなた

もう消えてしまったのでは、と思っていた「あなた」が戻ってきた・・・と言うより生き延びていた!
その名も、「三時のあなた」。スベリヒユ科ハゼラン属の多年草。南米原産で日本には明治時代に帰化。

ハゼランの「爆」は、「爆ぜる(はぜる)(「はじけて開く」)という意味があり、膨らんだ蕾や実が
次々と付く様を、線香花火に見立てたからとか。「蘭」は、蘭ではないが、何となく似ているからか?

この花は昼過ぎの3時頃に開くことから、それに因んだ別名が多い。
三時花、三時草、三時の貴公子、三時の天使、三時の乙女、三時のあなた・・・・

そのほかに、
 「花火草(はなびぐさ)」 たくさんの花と実の様子が花火に似ているから。
 「コーラル・フラワー」 褐色で球形の小さな実がサンゴ(コーラル)のように見えることから
 「夕日草」「花の雫」など。

昨日の3時の「あなた」。↓ ↑ は1時間後の4時の「あなた」。
省エネで、サマータイムを導入したのかな!?

  ハゼラン《爆蘭》 (別名:三時のあなた) - H23.7.24(日) 岡部 -

3時のあなた(2)

テーマ:季節の花たち - ジャンル:写真

  1. 2011/07/25(月) 23:20:00|
  2. 岡部(自宅)に咲く花
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地理学者

H23.7.27(水)

  地理学者
   - ヨハネス・フェルメール (1632-1675) 1669年制作 -

   ドイツ(フランクフルト):シュテーデル美術研究所所蔵

地理学者

地理学者が着ている上着が、何とも異様だ。
綿が入った半纏というか、褞袍(どてら)というか、今一分からない衣服だ。

当時のオランダでは、交易によってもたらされた日本の着物などは、
「ヤポンス・ロック(日本の着衣)」と呼ばれ、富裕層でのステータスシンボルだったとのこと。

よく見ると着物というよりは、普通のガウンのような気もする。
それにしても、この衣装と地理学者の視線の行く先が気になる、不思議な作品だ。

ガウンの青と襟元の赤と白。気が付けば、オランダの国旗カラー。
色の組み合わせの絶妙さに、驚く。

色の組み合わせと言えば、花たちの世界に驚かされる。
庭に咲くムラサキツユクサの花弁の青紫と雄しべの黄・・・典型的な補色関係で咲いている。

  ムラサキツユクサ《紫露草》 - H23.7.25(月) 岡部 -

ムラサキツユクサ(4)

テーマ:今日の独り言 - ジャンル:写真

  1. 2011/07/27(水) 12:00:00|
  2. 絵 画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (539)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (122)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (2)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR