独りよがりのつぶやき

花の写真を中心とした 気ままなブログです

瑞石山永源寺

H28.11.21(月) その7  1 2 3 4 5 6 7

永源寺は、南北朝時代の康安元年/正平十六年(1361)に創建された。

開基は近江国の守護の佐々木氏頼(六角氏頼)、開山は入唐求法の高僧
寂室元光(じゃくしつげんこう。正燈国師)。臨済宗永源寺派の本山寺院で、
紅葉の美しさは近江随一とか。

百済寺から永源寺に向かうタクシーのなかで、運転手さんは「一番好き
なお寺さんです。どうぞ、ゆっくりご覧ください」と話された。

湖東三山を巡った後なので、皆疲れもあったのだろう、何度か小休止し
ては、愛知川(えちがわ)の渓流や参道沿いの紅葉を楽しみながら、ゆっ
くりと山門へ向かった。


 総門  門の両側の塀には5本の定規筋が・・・なぜか気になる。  

1611211446 永源寺


 山門  壮麗かつ重厚。圧倒される。 滋賀県指定有形文化財

1611211418 永源寺


1611211443 永源寺

 
1611211420 永源寺


 庫裡  昭和54年(1979)に改築。

1611211439 永源寺


 方丈(本堂)  寂室禅師650年遠諱で、本尊世継観音をご開帳。

永源寺: 本堂


 禅堂  正燈国師の諡号が贈られたことを記念しての再建  

1611211421 永源寺


 法堂(はっとう)  紅葉に負けじとばかり五色幕

永源寺:法堂


1611211436 永源寺


 開山堂  回廊、開山お手植の楓、新築の含空院常住etc.  

1611211431 永源寺:開山堂


1611211433 永源寺 (1)


今日の紅葉探訪は、龍潭寺にはじまって、湖東三山、そして永源寺と盛
りだくさん。歴史が最も新しい永源寺だったが、禅宗のお寺さんの故か、
湖東三山とはまた異なる趣きが漂っていた。存分に堪能させてもらった。

今回のツアーのお目当ての一つは、「近江牛食べ放題」。今日の最後の
メニューが、まだ残っている。

やや疲れ気味だったが、みんなで「近江牛が楽しみだね」とお喋りしな
がら何とか元気を取り戻し、牛にひかれて、いやタクシーに乗って、ホ
テルへと向かった。

続きを読む

テーマ:史跡・神社・仏閣 - ジャンル:写真

  1. 2017/09/06(水) 04:55:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

623~53

2017.8.15(火)

今日は、終戦記念日。
次の句を思い出した。 12:00 黙祷。

   八月や六日九日十五日

この俳句については、栃木の荻原枯石(おぎはらこせき)さんの作品とし
て「現代俳句データベース」に収録されているが、広島の諌見勝則さん
の作品とも言われている。何れにせよ、戦争と平和について考えさせら
れる。

沖縄県の「慰霊の日」は、6月23日。数字の623を織り込んだ句もある
のではないかとネットで探したら、次の歌に出会った。

   六二三 八六八九八一五 五三に繋げ 我ら今生く 

この短歌は、岸和田市の西野防人(にしのさきもり)さんの作品で、朝日
歌壇の撰者の一人である高野公彦氏により、第27回(2010年)朝日歌
壇賞の年間賞に選ばれていた。2011年1月31日の天声人語にこの歌が
紹介されていたり、西野さんが詠んだ次の作品が朝日歌壇に掲載されて
いたことを知った。

   人類が言葉発して五万年それより永き核のゴミ処理
   年の瀬に戦死の叔父の墓参り靖国なんぞに居るはずもなく


終戦から72年。遺族の高齢化が進み、参列した遺族の78%は70歳以上
で、戦没者の妻もこれまででは最も少ない6人だったとか。石垣りんの
詩の一節を思い出す。

   戦争の記憶が遠ざかるとき、
   戦争がまた
   私たちに近づく。
   そうでなければ良い。


続きを読む

テーマ:その他 - ジャンル:その他

  1. 2017/08/19(土) 09:05:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なでしこジャパン 世界一!!

H23.7.18(月)

     今朝一、号外版!  なでしこジャパン 世界一!!

  タカネナデシコ《高嶺撫子》 - H20.10.10 磐梯山 -

タカネナデシコ

続きを読む
  1. 2011/07/18(月) 07:36:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アゲハ蝶!

H23.5.16(月)

  アゲハ《揚羽》 - H23.5.13 岡部 -

アゲハ

13日のこと。夕食前の明るい時間帯に、家内が庭から声をかけてきた。
クレマチス・モンタナの白花の蕾が大きく膨らんできたことを、知らせてきたのだ。

「明日には開くかも知れない」とのこと。
早速にカメラを取り出し、庭に降りて、白花のモンタナの蕾にカメラを向けた。

が、家内はすぐに踵を返し、山椒の木のある方に向かって、歩いて行ってしまった。
夕食に若竹汁を作ろうと、山椒の木の芽を摘みに庭に降りていたのだ。

途端に、「お父さん来て!アゲハ蝶が!」との声がした。
すぐに山椒の木のところに行ったら、アゲハが、山椒の小枝や芽に隠れるようにして、
ひっそりと息づいていた。

羽化してどのくらいの時間が経ったのだろうか。
じっと待っていて、何を感じているのだろうか。
蝶になって飛び立ち、新たな世界を見て、どんなことを思うのだろうか。

若竹汁の仕上げに山椒の木の芽を家内がパッと打った音が、小気味よかった。


5000
  1. 2011/05/16(月) 05:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

dajaro

Author:dajaro
男性 福島市在住

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ごあいさつ・お知らせ (3)
3.11関連 (43)
花のすがた (543)
それぞれの桜 (44)
岡部(自宅)に咲く花 (169)
岡部(隈畔)に咲く花 (65)
その他 (124)
絵 画 (13)
彫 刻 (27)
未分類 (4)
ブログ開設準備 (10)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR